[Edit]

お城に行こう!1

こんばんは かばぷーでございます。

夏休みドリーム企画 第二弾!!

まじーん様のサイトにて、超・楽しいリク罠を発見!!
ドボンしに行っていいですか~と聞きましたら快くOK!下さいました。(^-^)/

今回のリク罠は【リク罠196】 (こちらはリストに直接ジャンプします)

予告どおり、16日までの連続投稿と相成ります。
どうぞお楽しみ下さい。





お城に行こう! 1




「蓮、今日のこの撮影が済んだら次の仕事までオフに出来るけど、どうする?」

アルマンディの撮影の休憩中、カフェのテントの下で社は蓮にそう訊ねた。

「次は…4日後にイギリスでしたね。」
「そう、3日間のオフな。俺は一旦日本に戻るけど、帰ったら帰ったでゆっくり出来る時間はないし、細かい仕事は受けることになるだろうから、勧めはしない。」
「飛行機のチケットはどうなっていましたっけ?」
「明日までの撮影予定だったから、お前の分は予約していないんだ。延びたらそのまま移動できるように、スケジュールは空けてある。」
「ああ、ならいいですよ。こっちで暫く滞在します。」
「滞在先は…」
「何とかしますよ。」

社はそうだな…と、呟いた。
もともと海外の仕事は常に現地集合、現地解散が原則。ホテルを一緒に取る事も稀で、蓮が海外に慣れているらしいのはここ数年のマネージャー業務で分かっている。

「けどさ、蓮…(ニヤリ)最近キョーコちゃんと会えてないね」
「……そうですね。」
「これが日本でのオフだったらなぁ~…すぐにでもキョーコちゃんのスケジュール調べて教えてやれるんだけどなぁ~。」

(…………やめてくださいよ!煽るのは。こっちにいるって決めたんですから。)

「もしかすると、明日くらい帰国したら、久々のまったり晩御飯タイムとか頼めたかもしれないのに…」
「……そうですね。」

からかう気満々の社だが、ここ最近の蓮は深刻なるキョーコ欠乏症には間違いなかった。
先輩、後輩の立ち居地を崩すことなく早3年…
蓮の仕事はますます多忙になり、とりあえず1年先のドラマまで決まっているほどだ。キョーコはといえば、女優業もこなすマルチなタレントとしてあちこちに引っ張りだことなり、こちらも忙しさに拍車がかかっている。
特にここ3、4ヶ月ほどは、蓮の海外での仕事が多かったためにすれ違いも多く、なかなかキョーコのスケジュール把握が難しく、僅かな癒しタイムを確保できていないのだった。

(全く…思い出さないようにしてるのに、余計に会いたくなるじゃないですか!)

ちょっぴり膨れっ面をして、さっきまで撮影していた現場に目をやった時だった。

「社さん……あれ……」
「ん?どうした?…………あれ?」

広場にある噴水付近でロケらしい撮影隊が見える。アジア系のスタッフには間違いないのだが、その中に見えるあの茶色の髪の毛は…

「キョーコちゃん!?」
「ですよね。多分…」
「ちょっ…なんだ、海外ロケに出てたんだ!ちょっと行って来る。」

広場に向かう社の慌てた後姿を眺め、驚くであろうキョーコの顔を思い浮かべて緩む頬を自覚してしまう。
蓮は軽く咳払いをして少し後から付いて行った。



「では、ここで問題です!世界でたった一つ、この公園の地下にある特別な物とは、一体なんでしょうか?」

「はい!OKで~す。次、正解はいりま~す。」

台本に目を通している間にメイクさんがキョーコの髪をささっと直しに入り、確認を終えて前に向き直ったときだった。

(…………え…!?)

カメラの後ろの方、遠巻きに見るギャラリーの中に、一際目立つ背の高い人がいる。

(つ…敦賀さん!?…と社さん?え?ここ、イタリア…)

キョーコの視線に気がついたのか、遅れて目に入ったその隣の社がひらひらと手を振っていた。



「敦賀さん!社さん!」
「キョーコちゃん!奇遇だね!」
「やあ、最上さん、こんにちは。まさかこんな所で会えるとは思ってなかった。いつからこっちに?」
「一昨日現地入りしました。もういくつか観光地を撮影で回ったんです。敦賀さんは?」
「アルマンディの撮影で3日前かな。本当に偶然…随分と日本でも顔を合わせてないのに、こんな所で会うなんてね。」
「ホントですね。」

正解コメントの撮影が終わり、次の撮影現場に向かうまでのほんのわずかな時間しかない中、キョーコが笑顔で二人に駆け寄った。
日本のスタッフの何人かも、敦賀蓮がそこにいる事に気がついてカメラを回したいのだろうが、次の段取りがあるらしく慌しく撤収をかけていた。

「これは、バラエティーなの?」
「はい、クイズ番組のレポーターなんです。あっ!そろそろ次の撮影地に向かわないといけないんです。時間限定で起きる現象の撮影をしなくてはならないので!」
「忙しそうだね。」
「ゆっくりお話したかったんですけど、すみません、慌しくて。」
「うん、大丈夫。それが仕事だから頑張って。」
「敦賀さんも撮影、頑張ってください!社さんも!じゃあ失礼します!」
「キョーコちゃん!無理しないでね!!」
「は~~い!」

慌しく、本当に駆け足でロケ地を変えながら撮影するバラエティーのロケは想像以上にハードらしい。
優しい眼差しで二人はキョーコを見送った。

「………宿泊先くらい聞けばいいのに。」
「聞きませんよ。そんなの。」
「何で?近くに泊まってたら、嬉しいじゃないか。偶然とはいえ折角こっちで会えたんだ、明日からオフなんだし会おうと思えば会えるだろ?」
「だって忙しそうじゃないですか。まさか撮影場所まで押しかけて邪魔するわけには行かないでしょう。」
「お前、似非紳士すぎ。何ヶ月ぶりに会えたと思ってるんだよ。」

「…………だいたい3ヶ月ぶり…ですかね。」

(おーおー、にやけて…)

「ま、俺はこの後すぐに空港に行くけど、お前はこれが終わったらフリーだからな。好きにすれば?」

信頼できるマネージャーの一言に、気持ちを押された気がした。





(続く)
関連記事
スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

こんばんは(^^)
りく魔人さんのとこでかばぷーさんのお名前出てたので今か今かと待ってました☆
最近甘めな蓮キョが全然なくて(ToT)原作もその他モロモロも…飢えてます。
きっ、期待!!!シテモイイデスカ?

海外で気持ちがオープンなんてこたもあったりなんかして?ウフフ( *´艸`)
楽しみにしてますね(*^^*)
Re: こんばんは(^^)
> じゅんこさま

コメントありがとうございます!
期待…して下さってもいいかも♡
自分でもにひひひ♪状態で書いちゃったので、でろ甘系には間違いありません。
○○に行こう!の仲間は私の中では、トラブル皆無です!
しかもドリーム企画なので、Dreamy…な筈ですよ♪
  • 2017-08-11│23:07 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
ルールを守っておられる「ス/☆ビ」二/次サイト様、お付き合いあるマスター様と相互リンクさせていただいています。お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りさせていただきます。
(リンクはトップページにお願いいたします)

ようこそ

最新記事

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
Bubble Shower
sei様

風月様
popipi様
ちなぞ様