スキビが大好き☆ほんの出来心の小説置き場です。
page top
神の贄 五

神の贄 五





「ん?あたり一面清々しい空気に変わっていますね…それと、おやまあ…君の本質はそれ…でしたか」

部屋に入ってきた社は、久遠の姿を見てにこやかに微笑んだ。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
© 王様の耳はロバの耳~小説置き場~. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG