ハレの特異日 5

「蓮さん、雪の特異日も探してみましょうか?」

キョーコはそう呟いた。

「ただし、猛吹雪かもしれませんけど。」





ハレの特異日 5




京都での結婚報告と緊急の仕事を終え、ようやくひと段落した2人。

結婚式は「晴れの特異日」にしたいというのは、キョーコのたっての希望だった。
そして、冒頭の言葉は蓮の希望を尊重してのことだったろう。

「雪の特異日なんてあるの?」
「はい、ありますよ。例年、“この日は大雪になる確率が高い”という日があります。」
「へぇ~」
「ただし、首都圏でも大雪になることが多くて、交通機関が麻痺したりするので、ちらほら…という雪は望めないかもです。」

……だ、そうだ。

キョーコの雨予想は非常に良くあたる。
…と、すれば、この分だと雪の特異日として選んだ日は間違いなく猛吹雪だろう。

ならばと、2人は蓮の誕生日に結婚式を挙げることにした。
日本では和装で結婚式を行い、式後は南半球でのバカンスに出かける。
勿論、披露宴でもドレスを着るけれど、ガーデンパーティはやはりお預け。
あちらでドレスを着て、降り注ぐ日差しの中でライスシャワーの予定だ。

キョーコ的に言うと、2月10日前後の日本の天候は、あまりよろしくない。
けれど、12月のキョーコの誕生日あたりの天候も、さほどよろしくない。

だが、12月にはLME歌謡祭が開催され、アナウンサーには当然仕事が入ってくる。LMEのアナウンス部に所属している限りはキョーコとて例外ではなく、休暇を取るならそれ以降だ。
だから、キョーコの誕生日は無難に避けて、2月にまとまった休暇とともに、結婚式を挙げる予定となったのだ。

LMEとしては、年末のLME歌謡祭に蓮の出演を当て込んでいたため、拍手喝采になりそうだ。

結局蓮は、LMEテレビと2年間の専属契約を結び、実質はLMEの社員と変わりない。
ただ専属とは言いながらも、そのあたりの契約文書はうまくできていて、長期の報道番組以外であれば、他の局やその他の仕事にも、出演可能であることが記載してある。

案の定、他局からのオファーも既に出ていて、いくつか受けることになっているのだ。

キョーコも、昼から夜にかけての番組が多くなり、天気予報枠も勿論確保。
その天真爛漫さがお茶の間に指示され、バラエティーに重宝されることが多くなっていった。







――そして2月 




目を覚ました時、カーテンの隙間から燦々と入る日差しが、急に春めいたものに感じる。

「晴れましたね。」
「うん、晴れたね。」

2月の寒空だというのに、今日は珍しく晴れ。
二人の門出を祝うように晴れ渡る空。
だがその反面、放射冷却の影響で非常に冷え込む。

「さむ…。」

キョーコが蓮の温もりを求めて擦り寄る。

「冷たいね。今日は靴下を履いてないの?」
「ついうっかり。」

「おいで、あっためてあげる。」
「うふ…嬉しい。ありがとうございます。」
「3分だけね?」



「…けち」

「言ったね」
「!…いひゃいれふ…」

年明けから、ようやく一緒に暮らし始めた2人。
結婚式の朝だというのに、のんびりじゃれあって、なんとまあ甘いこと。

一緒に暮らし始めてからキョーコがごはんを作って、一緒に食べて、一緒に眠って…
それはとても幸せな毎日
同時にそれは、これから続けていく愛すべき日常


今日は予定通り、朝の内に区役所に行く
それから式場に入って、挙式の予定だ。

少しあったまったのか、ベッドからむくりと起きたキョーコが、カーテンを勢い良く開けた。

眩い太陽の光とともに、窓越しに感じる冷気が、キンッとして、背筋が伸びるようだ。

「ちょっと寒いですけど、窓を開けますね?」
「良いけど、寒いよ?」
「ちょっとだけ我慢です。ひゃ~寒い!」


開いた窓から見える澄み渡る青空。
その青い空に向かって白い息を吐いた後、氷点下の乾いた空気を、キョーコは胸いっぱいに吸い込む。


「うん…いい気持ち!今日は良いお天気です!徐々に気温も上がります!」
自信を持ってキョーコが伝える。
「でも、ちょっとだけ雪が降ります。」
「え?本当?」
「本当です。ほら、あそこ…。」

キョーコが指さした北西の空
眩い朝日を遮る様に、ほんの少しだけ暗い灰色の雲。
その雲の流れは非常に速く、あっという間にこちらの方に迫ってくる。

一瞬のうちに陽が陰り、雲に飲み込まれると思ったその時



“ひらり…”


白い華が部屋に一つだけ舞い込んだ。

それはほんの一瞬のことで
風に乗ってゆっくりと床に落ちる。


慌てて見上げる窓の外には、ほんのわずかな雪の華が舞う。
その美しい現象に目を奪われる。

ひらり、ひらりと舞っては消える雪の華
空を見上げる愛しい人の凛とした横顔
薄紅色の口唇から吐く息が空との境界線に滲むように溶けていく。

それはまるでいつか夢見た情景のようで
蓮の胸に熱いものが込み上げる






「…ね?」


キョーコが嬉しそうに振り返る。

微笑みの先には雲の隙間から天使の梯子が何本も伸び、また元のように明るい日差しが部屋に差し込む。

一つだけ舞った白い華はいつの間にか見えない。



「キョーコは…魔法使いみたいだ。」

「うふふ…。偶然です。でも、雪はこれでおしまい。ううっ、さむっ!」

慌てて窓を閉める仕草さえ、とても愛おしい。


「凄い…。願いが叶うなんて嬉しいよ。舞い散る雪と花嫁…ありがとう。」


ブランケットを、冷えたキョーコにかけながら、蓮はキョーコを包み込む。


「君といると、毎日が特異日だ。」

「何の特異日ですか?」





「君に恋する特異日」


蓮がまばゆいばかりの笑みを浮かべ
キョーコが、目を丸くして笑う。



「キョーコ、愛し…(むぐっ!)」


「だっ!だめです。今日は私が先に言うはずだったの!」

慌ててキョーコが蓮の口元を両手で塞いだ。
蓮は小さな手を握り、手のひらにキスを落としてゆっくりと剥がす。

「先に?」
「んむぅ~~!」



ムクれた顔をして、キョーコが蓮の顔を両手でそっと挟み込んだ。


「蓮さん、お誕生日おめでとうございます。私も蓮さんのこと、あっ…愛してます。私の全部、貰って下さいますか?」



照れ臭そうに顔を赤らめ、まっすぐな瞳で蓮を見上げるキョーコに、蓮は蕩けるような微笑みを浮かべた。



「勿論、全部頂くよ。」



少しだけ前かがみの蓮の顔に、キョーコが爪先立ちで唇を近づける。

それは可愛らしいけれども、愛情が精一杯込められたキス
蓮は強く、強くキョーコを抱きしめた。





今日、神仏に永遠の愛を誓う。

でも、それでも足りない。

だから、今日のハレの日に全世界に誓おう。






最上キョーコを永遠に愛することを







(完結)





皆様、長い間お付き合いくださり、ありがとうございました。
アナウンサーシリーズ、完結いたします。

とても愛着があるパラレル蓮×キョです。
とにかく楽しくて、次々に浮かんできました。詰め込みすぎて読みづらかったかも、知れませんね。
今回の最終シリーズは、この“ハレ”の日はどうしようかな~と思いましたが、敢えてカタカナにしてみました。
シリーズを楽しみにしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
また感想など、コメント頂けるとありがたいです。

もし、拍手キリ番(2222?)など叩いて下さった方がありましたら、教えてくださいませ。
喜び勇んでリクエスト聞いちゃうかもかもです。
では~~~(^∇^)ノ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さみしいー‼

かばぷー様

良かったぁー!
幸せな朝を迎えて、これから益々甘々の生活が待っているんですね!番外編も新婚生活が垣間見れて、“ああ、やっぱりイチャラブだ”と納得できました。
パラレルでも会社員同志とかよくお見受けしますがアナウンサー同志というのは初めて読みました(どちらか片方というのはあったかな)。
途中のお話しでキョコちゃん怖い思いとかしちゃったけど、今が幸せならいっか、これからは蓮さまが守り抜くでしょうしね。
本当に完結ですか?本当に本当ですか?
宇宙○艦ヤ○トだってあ○ない刑事だって、終わり終わりと言いながら続きましたよ(笑)期待しちゃダメですかね?
結婚式の話とか子供ができた話とか・・・。
しかし、素敵なお話しありがとうございました!

Re: さみしいー‼

ひろりん様

作品を楽しみにしてくださって、ありがとうございます。
とりあえず、アナウンサーシリーズは完結ですよ〜。
イチャラブの二人を楽しみにして下さるとの事、番外編はちょっとだけですが、お楽しみいただけましたら幸いです。
結婚式も書きたいのですが、それは皆さんのご想像にお任せした方が良さそうです。
番外編でも、キョーコさんの尻に敷かれっぱなしな蓮さんでして、格好いいアナウンサーの蓮さんではなくなりました。(T ^ T) うううう〜ギブミー文才。
でも、書いていて本当に楽しかったのであります。

また、何か変わったモノが妄想出来たら出しますね〜。

応援して下さって、力が湧きました。
ありがとうございました。(^-^)/
プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/○/ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
二次ルールを守っておられる「ス/◯/ビ」二次サイト様に限り、相互リンクさせていただきたいです。お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンクは固くお断りさせていただきます。
(リンクはトップページにお願いいたします)

ようこそ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンクご案内
ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様 Bubble Shower
sei様
風月様 popipi様 ちなぞ様 惣也様