かばぷりん ~プロローグ~

 かばぷりん ~プロローグ~



「かばぷりんが食べたい!」

突然のキョーコの叫びからその物語は始まった。


画面に流れる、珍妙なCM。


『かば、かば、かば、かば、かばぷりん

 かばぷりんったら、かばぷりん

 “天使も悪魔もメロメロよ”

 とろける誘惑 ハニーカスタード味

 か~~ば~~ぷ~~り~~ん~~~~(新発売☆) 』


天使の格好をした金髪ふわふわヘアの美少女と、黒髪の悪魔の美少年がピンクのカバの隣でお尻ふりふり、踊っている。


キョーコのメルヘン思考が刺激されてしまったらしい。





CMのオンエアから数日たったある日、
滅多に欲しがらないキョーコの欲求を満たすべく、お取り寄せしたかばぷりん

『とろける誘惑 ハニーカスタード味』 2つ

いつものようにキョーコとまったりディナーを楽しんだ後、
リビングで試食タイムだ。

「うんっ!美味しい!敦賀さんも食べてみてください。意外に甘くなくていい感じですよ。」
「それじゃあ、一口頂こうかな。」

“ぱく…”

商品名とは裏腹に、予想外に甘くなくて、するりと入る。

「うん本当だ。美味しいね。」
「これ、カロリーも少なめなんですね。すごく口当たりが良くて、どんどん食べられそう。」
「それは良かった。俺は味見したから、キョーコ、全部食べて?」
「え、良いんですか?嬉しい!じゃあ遠慮なく。」

味見のために半分くらい食べた後、キョーコに渡した。
キョーコは嬉しそうに、はむはむとかばぷりんを平らげた。

「はふう~ご馳走様でした。」

満足そうに満面の笑みを浮かべたキョーコが、あんな事態に陥るとは…。






ふざけた名前ですみません(//>ω<)
次は初限定入れる予定です。
パスワードのお知らせは後ほど公開します。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する