ざ☆妄想 最上キョーコ2

ええ・・・今日も妄想。
溜まっておりますのよ?








楽しかった沖縄

ビーチで手をつないで駆けっこした
水を掛け合うと、肌にかかる水しぶきが気持ちよくて・・・

まぶしい日差しの中、敦賀さんの首に巻きついて、漂う海
触れ合う肌が心地よくて、ついその首筋に顔を寄せた

(いい匂い・・・敦賀しぇらぴぃ・・・)

大きな大きなベッドで、敦賀さんのいい匂いに包まれて眠るなんて、何て贅沢・・・
髪を梳くその指先が嬉しくて、もどかしくて・・・

プールサイドのパラソルの下で、近づく敦賀さんの綺麗な顔
あまりに熱を持ったその視線に、ありえないと心臓が警鐘を鳴らす
ふわりと微笑む優しい笑顔・・・



“最上さん・・・口、開けて?”

(口・・・ですか?)

“うん、はい、あーん”



(アーン・・・)


“はい、よくできました・・・”

頭をナデナデしてくれる優しい指先

“これ、おいしかったんだよね。最上さんにも食べさせたくて”

(敦賀さんが、食べ物がおいしかったなんて、信用できません…)

“・・・酷いな、君は。俺に食事をあれだけ取れ、取れと言ってただろう?だから頑張ったのに・・・”

(それはそうですけど・・・)

“どう?この味・・・おいしい?”



「ひゃい・・・、おいひいれすぅ・・・」






一つ仕事を終えてから、再び寄ったラブミー部の部室。
あまりの静寂にノックをせずにこっそり覗くと、今度は机に突っ伏して、お昼寝の様子・・・妄想タイムは終わったらしい。

可愛い寝顔にちょっと囁くと、ふにゃらりんと口を開ける超絶無防備な最上さん。
その可愛い口に放り込んだ南国キャンディー


「おい・・・蓮・・・」
「はい?何でしょう?」
「口を開けた瞬間、お前・・・固まったね?」

「・・・・・・何のことでしょう?(キュラッ!)」

「・・・悪い。席をはずしてやろうかと思ったけど、そうもいかなくなった」



「(・・・・・・・・・ちっ)」

「!?」

キラキラ似非紳士スマイルの下で、いったいどんなどす黒い妄想を展開させているのかと敦賀蓮の行く末を深く、深~~~く憂う社だった・・・。






キョコさんは暇さえあれば妄想ドリームにINしちゃうんじゃないかと///
これまた勝手な妄想でーす。

関連記事
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
ルールを守っておられる「ス/☆ビ」二/次サイト様、お付き合いあるマスター様と相互リンクさせていただいています。お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りさせていただきます。
(リンクはトップページにお願いいたします)

ようこそ

最新記事

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
Bubble Shower
sei様

風月様
popipi様
ちなぞ様