[Edit]

ボン・ボン・ショコラ 3

第3話
今回はキョコさんの視点から。
もうしばらく焦れったいかもしれません。









ボン・ボン・ショコラ3




「あ~、雨が降ってきた…」

こんな日は憂鬱だ。
客足がぱたりと途絶えるから。

カフェのお客さんもさっき店を後にした。誕生日ケーキの引き取り予約は午後6時。
しばらくは暇な時間が続きそうだ。

「よし、今日は新作作っちゃおう!」

しばらく前に敦賀さんが“苦いのが食べてみたい”と言った。
自分のショコラを楽しみにしてくださる一番のお客様だ。大切にしたい。

キョーコはビターチョコレートを取り出した。
チョコレートはデリケートで、テンパリングが難しい。
艶やかに仕上げるためには、温度管理を怠ってはいけないのだ。

「店長、新作作ってみたいんですけど、いいですか?」
「うん、いいよ。作ってみて。」

大理石の調理台の上に、温かいチョコレートを広げた。


敦賀さんは、どんなチョコレートがお好きなんだろう?
オランジェットはよく買ってくださるから、きっと好きなのよね。でも、あまり甘いのはお好きで無さそう。苦味がきちんとあって、洋酒の香る大人っぽいものがいいかも…。


チョコレートを混ぜながら、ブランデーを多めに加えてしまう。
たまに来る敦賀さんの好みは何かしらなんて考えながら、チョコレートを作ってしまう自分がなんだか恥ずかしくなった。



* * *



ある日、病院のベッドの上で目が覚めると、記憶が飛んでいると言われた。名前も出身地も言えるが、年齢にずれがあって、まるまる抜けているのは最近の4年分の記憶。とても大きな事故にあったらしく、あちこちに怪我をしていたが、頭の怪我が一番酷かったようだ。
戸惑い、混乱する私に、社長と呼ばれていた派手な老紳士が簡潔に説明してくれた。

私は女優だったと…。

そう説明されても、実感も何も湧かなかった。
女優であった事も、芸能界に籍をおいていたということもピンとこない。
だって、ショーちゃんがデビューした芸能界に自分もいたなんて信じられない。けれど、テレビの中のショーちゃんは、もう完全に手の届かない人になっていて、私はアパートをとっくの昔に引き払ってだるまやにいた。本当は別のところに住んでいたらしいけれど、それがどこかは知らない。
女将さんも大将も、ずっと住めばいいから。と言ってくれた。でも、だるまやのお客さんに何気なく言われた言葉が、胸につかえて店に出ることをやめた。

『恋人も、仕事も忘れっちまうってぇのは、一体何があったのかねえ~』

私に恋人がいたのか?
その問いには、誰も答えてくれなかった。
社長さんも、大将も、女将さんも…口を噤んだまま。それは即ち、私がショーちゃんに捨てられたっていうことを意味するのではないのか?

悶々と自問自答を繰り返しても、答えは見つからない。
ショーちゃんにも事故の連絡が入っているはずなのに、音沙汰無いのが結果として事実なのだろう。
けれど、不思議な事がある。ショーちゃん一筋の私だったはずなのに、ショーちゃんがいないことに、どうしてこうまであっさりと割り切れてしまっているのだろう?

はじめは自分の失ったすべてを思い出そうとした。もの凄く考えて、悩んで、それでも分からなくて、原因不明の頭痛までするようになっていた。けれど、そんなことをつらつらと考えても、非生産的なので途中でやめた。結局、ショーちゃんとは遅かれ早かれこうなる運命だったのだ。いくらお嫁さんを夢見ていても、ショーちゃんは私に振り向いてはくれない。

「ああ、もうやめ!やめ!くよくよしてもお腹は空く。働かざる者食うべからず!」

私は何かに縋るように働き口を探した。知らない間に高校も卒業していたから、就職口には困らなかったけれど、私は無性にチョコレートが作りたかった。何故だか分からないけれど、どうしても、絶対にチョコレートが作りたかった。


社長さんに頼んで、ご縁があってここに見習いとして勤めさせてもらっている。
小さなお店だが、とても気さくな店長さんでよかった。忙しすぎず、暇すぎず、自分のやりたい事を試させてもらって、出来上がった試作品のショコラまでショーケースに入れてもらうことができた。

そんな時に来店したあの人。
敦賀蓮さん。
有名な俳優さんなのに、全然えらぶってなくて、
忙しい俳優さんなのに、二週間と空けず来店してくれて、私に声をかけて下さるようになった。

にこやかに微笑んでくださる敦賀さんは、圧倒的に頭じゃなく顔が小さくて、勿論ひみつ君なんて必要ないとはっきり分かるほど背が高くて、足も異様なほど長い。絶対ノーメイクだと思うのに肌が綺麗で、指先も綺麗で、瞳も凄く綺麗な人だった。
何より、私のような店員にまで丁寧な言葉使いで、横柄なところなんか一つもなかった。それどころか、その滲み出すオーラをひた隠しにしようとしている、芸能人らしからぬその所作が見え隠れして、可愛いとさえ思えた。

私ったら、今までショーちゃんが嫌いな敦賀さんを視界にいれたこともなかったから、普通に良い人だなと思ってしまった。そして、敦賀さんはLMEの所属なんだから、もしかしたら私と面識があったのかもと思った。けれど、たとえ私が女優の端くれだったとしても、敦賀さんみたいな有名な俳優と、おいそれとは御一緒できないだろうと思っていた。

あの日までは…

インターネットで見つけた京子の画像には、敦賀さんと映りこむやたらと煌びやかな自分がいて、我が目を疑った。
これが自分?まさか、本当に本当で女優だったのか?
云々と唸ってみたけど、どう考えても合点も納得もいかなくて、結局それ以上調べるのはやめた。
今、私が見つめるべきなのは、自分の生活!自分の将来!過去は失ってしまったのだけど、せめて美味しくご飯が食べられるように前向きに生活しよう!そう思うと勇気と元気が沸いてきて、仕事に没頭できた。

美味しいショコラが作りたい!
美味しいって言ってもらいたい!

  ―――でも…誰に?

とりあえずは、それに蓋をする。
今はお客さん。

  ―――客って、誰?

えーっと、とりあえずは…敦賀さん?
だって、一番大事にしたいお客様だし、その…格好いいし?
わー、やだ!格好いいのは当たり前よね。俳優さんだし、芸能界で一番イイ男って言われてる人だもの。

ニマニマと百面相をしているうちに、ビタートリュフが出来上がり、店長に味見をしてもらった。

「キョーコちゃんの作るショコラは、凄く大人味なんだね。いつも。誰をイメージしてるの?」

  ―――いつも?誰を?

「分かりません。そんなに、大人味ですか?」
「うん、いつも大人味。ほろ苦くて、洋酒の香りがしてね。凄く濃厚で、蕩けるような口どけなのに、最後にカカオが後を引くんだ。だからお酒が欲しくなる。この前のオランジェットもそうだね。」

そうなんだ…意識はしてなかったけれど、大人味といわれて敦賀さんの顔が浮かんだ。
確かに、最近は敦賀さんに喜んで欲しくて作っているような気がする。でも、絶対に敦賀さんが選ぶのは一粒だけ。だからその一粒は、いつも特別な一粒。

「普通のオランジェットはオレンジピールが主役なのに、キョーコちゃんは中に練りこんだでしょ?だから凄いなと思ったんだよ。」
「そうですか?」
「うん、そう。きっとよほどチョコレートを食べて欲しいんだと思ったね。」

その時、突然涙が出そうになった。

“チョコレートを食べて欲しい”

自分はどうして、チョコレートに拘るのか?
誰に食べて欲しいのか?勿論ショーちゃんなんかじゃない、別の誰か。
もし、ショーちゃんのためのチョコレートなら、もっと甘い。もっと軽い感じにするはず。

慌てる店長に、ごめんなさいと一言告げると、キョーコはカウンターに戻った。





(4に続く)



関連記事
スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

作りかけのオレンジピール
更新楽しみに待ってました❗

作りかけのオレンジピールを、記憶を失ってから作り、敦賀さんに食べてもらう…。じんわりとしてしまいました。

蓮とキョーコが近づいていく様子を、応援しています。

  • 2016-12-10│21:52 |
  • harunatsu7711 URL│
  • [edit]
Re: 作りかけのオレンジピール
> harunatsu7711 様

更新を楽しみにしてくださって、ありがとうございます。

蓮さんに食べて欲しいチョコレートの存在が、今回のお話の中心にあります。
パティシエのキョコさんだからって言うよりも、チョコレートの似合わない蓮さんに、敢えてチョコレートを食べさせてみようじゃないか!!と思っています。
応援、よろしくお願いします。
  • 2016-12-11│19:21 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
キョコさんにとっても
未だ蓮さんは特別なんですね。
例え記憶がなく、恋人でも、親しい後輩でもない間柄であったとしても。

記憶が戻るまでの間、それが蓮さんにも少しは伝わると良いのですが。

切ないけれど、絶望的ではない二人の関係。
少し両片思いの時と似ていますね。

続きも楽しみにしてます。
  • 2016-12-13│14:40 |
  • まじーん URL│
  • [edit]
Re: キョコさんにとっても
> まじーんさま

ありがとうございます。
キョコさんにとっては記憶がなくてもやはり特別な敦賀さんなのです。
そして、特別であるように殊更気を遣って近付いたであろう蓮さん。
キョコさんの中に残る自分の記憶に一縷の望みをかけています。

キョコさんの中に残るチョコレートへの思いは並大抵では消えませんよ。
  • 2016-12-14│20:19 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
ルールを守っておられる「ス/☆ビ」二/次サイト様、お付き合いあるマスター様と相互リンクさせていただいています。お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りさせていただきます。
(リンクはトップページにお願いいたします)

ようこそ

最新記事

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様