[Edit]

薫る大人のラム・チェリー

popipiさまのチョコレート企画に参加しています。

poppy

つい先日連載が終わりました、ボン・ボン・ショコラのおまけ的な番外編です。
ボン・ボン・ショコラ          10 11 12 13 14 15 
こちらを読んで頂いてからの方がよろしいかと思います。

皆様とはちょっと違ったテイストかも?(〃ノωノ)
私、研修中につき、企画会議から外されてしまうやも知れませぬ…
社長の広いフトコロに収まりますように…。





「おう!佐久間くん、ちょっとすまんが、最上くんを貸してくれんか?」

閑静な住宅街にはおよそ似つかわしくない衣装でケーキショップに現れた社長にいきなりそう言われた店長は、やれやれと中途半端な溜息をついた。



薫る大人のラム・チェリー
   ~ボン・ボン・ショコラ 番外編①~





キョーコが攫われるように連れて行かれたのは、都内某所にあるスタジオ………の駐車場だった。

どでかいキャンピングカーに連れ込まれ、あっという間に黒髪から明るい茶色の髪に染められ、そして、キョーコが悶絶するほどの煌びやかなメイクを施された。

「こっ…こっ…このメイクは…」
「うふん♪ キョーコちゃんのメイクをするのも久しぶりね。はい!ナツ姫の出来上がり!」
「(きゃ~~~♡ 何て大人格好いい女性なの!?これが、私?コスメ・デ・マジックってすんばらしい~~~!!!)」

鏡の中に見える自分の姿を見て、これから自分が何をさせられるかも分からないのにキョーコは浮かれた。

「テン、出来たか?…ほほう、いい仕上がりじゃないか」
「でしょ?やっぱりキョーコちゃんよね、流石だわ。」

「えっと…あの、ありがとう…ございます?」

訳も分からず御礼を述べたキョーコだったが、その後ですぐに上のスタジオに連れ込まれた。
照明が眩しく照らされたスタジオ内で待っていたのは、蓮と社と黒崎と…かつての「京子」を良く知るメンバーたちだった。

…が、キョーコにとっては何がなんだか分からないうちに支度をされて、何がなんだか分からないままで台本を渡された。
そして、何がなんだか理解不能な状態で蓮に耳元で何かを囁かれ、何がなんだか意味不明なところに撮影が始まってしまったのだった。



*  *  *



仕事終わりの個人オフィスで、蓮がネクタイを緩めながらデスクに腰を預けた

大きな一枚ガラスの先に広がる薄青い摩天楼
扉を開けて入ってきたのは白いシャツブラウスの若い女性の後姿
真っ赤なピンヒールが美しい足取りで蓮の前に歩みを進めた


“君がくれると言ったから…僕は待っていた”


カメラは女性の背中越しに蓮を捕らえ、微笑む蓮のナレーションが静かに流れる


“でも、知ってる?”


蓮がゆっくりと近づき、右腕を彼女の背中に回した。


“本当は男性が女性に愛を囁く日なんだよ?”


その右手には、薫り高いラム酒に漬けたさくらんぼ入りのチョコレートが入った小箱
女性の右手が蓮のネクタイを絡め取ると、それに引き寄せられるように蓮の唇が女性の耳元に近づいていき、チョコレートの箱の手前で囁きかける


「大切な一粒を…君に…」



“薫る大人のラム・チェリー 
        愛しい君へ ―――Poppy”




*  *  *



「(ぴっきゃーーーーん!!!)」

「よし!!カット…どうした京子、役が憑いてなかったのか?」

「いえ、大丈夫です、彼女はちゃんとナツになってました…けど、キョーコ…?」

あまりに固まったキョーコから、唇を少しだけ離して蓮はたずねた。

「私…何して……」

固まったまま呆然と蓮の方を見つめる。

「ん?大丈夫。ちゃんと演じてたよ…凄く…綺麗だった…」

蓮にぎゅっと強く抱擁されて、だんだんとキョーコの意識が覚醒する。

「やっ…やっ…役って…、ナニ?つっ…敦賀さん…これ…」

再び耳元に唇が寄せられ、もう何がなんだか分からなくなってしまったキョーコは、べしゃっとその場にへたり込んだ。

「うん、急にごめんね?どうしても君でないと駄目だったから」
「だからって…その…」

「ああ、(だって我慢できないから…つい…)」

そう…最後の台詞の後、チョコレートの箱の陰でひっそりとなされたであろう接吻は、勿論箱に隠れてカメラからは見えるはずも無い。





「…………蓮、いい加減にしろ。」

社さんのドスの聞いた声が響いた。

「社さぁん…」
「キョーコちゃん、今日は蓮のもの凄い我儘を聞いてくれてありがとうね。スポンサーも君のシークレット起用には大喜びだったし、撮影も黒崎監督だから助かった。勿論クレジットは出ないし、後姿だけの起用だから勘弁してやって?」

「そうそう、思いの他いい画も取れた。流石に“京子”だよ、何も覚えていなくても相変わらずいい勘してるじゃないか。納得のいく仕上がりにしてやるから見てな」

二人の男がにやっと笑ってキョーコと蓮を見る。

一同が驚いたのは事故から1年経って何も覚えていないと言うのに、蓮の一言でカメラの前に立ち、カメラが回るまでの数秒でナツを憑け、ほんの僅かなカット数と言えど己を忘れて役にのめりこんだキョーコの姿。

クレジットには出ないが、ナツの後ろ姿はお茶の間の話題に上るだろう。
だが、これはキョーコが芸能界に戻ると言う布石では無くあくまでも蓮の我儘。
今日だけのこの姿はケーキショップのキョーコとは絶対に結びつく筈もなく、勿論気付かせるわけもない。

ただ、これが…蓮の見つめるこの姿こそが今の『京子』だと分かる人にだけ分かってもらえたらいい。


“彼女はここにいます…”


って…






(チョコレート企画に参加しました♪)


山崎賢○が後ろから女性に抱きつくCMあるでしょ?あれ、あんな構図のイメージです。とはいうものの、はっきり言って女優さんの顔は全く覚えてない。(凄く失礼でごめんなさい)まあ、もっと色っぽい感じなんですけどねー♪
結局、好きな俳優さんがCMに出てるときって、共演者はあまり見ないもんだなーって…(私だけかもしれない…)そんでもって、チョコレートの箱で口元を隠して内緒のKissなんてーのもやってみたかったので…うふん♡

薫る大人のラム・チェリー…パッケージサイズは、不○家・ル○クチョコレート系の一般的な大きさでいかがでしょう?社長様!!

因みに…このCMのポスターは二種類。勿論顔がギリギリ見えない蓮さん箱隠しチューバージョンと、お顔丸出しバーション。
お顔丸出しは、蓮さんが極秘で作らせたと言う事で記念の一枚(超・激レアアイテム)でございます。
関連記事
スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

わーわーわー(*>∀<*)
なんっってカンペキな企画書!!(*゜Q゜*)
パッケージからポスターまで(〃艸〃)

ところで、、、研修中???
poppy社に研修などございませぬ(*`・ω・)ゞ
いきなりエースとしてバンバン稼いでもらいますよ?ヽ(*>∇<)ノ←ぱわはら

オトナ素敵なCMありがとーーっ(*・∀・*)ノ
もちろんこちらもリンクさせてもらいまーす♡
ナツ姫降臨スペシャルCM
蓮さんも、周囲の人間も、女優「京子」がこの世から消えちゃったわけじゃないと確信できて嬉しかったでしょうね。

キョコさんのチョコへの執着が生んだケーキ屋さん勤務は目的が果たされたことで、「普通に楽しくやりがいがある仕事」となる日も近そうですし・・・次に気になるのは演技?

続きに期待です!! ←
  • 2017-02-18│14:26 |
  • まじーん URL│
  • [edit]
Re: わーわーわー(*>∀<*)
> popipi社長様

きゃあ!研修期間がすっ飛ばされて、右往左往…
Poppy社の利益に繋がりますよう、頑張って営業いたします!

営業営業!…って、営業ってどうするんですかね?(←本当に知らない)

とりあえず別テーマで二作目頑張りまっす!
  • 2017-02-18│16:50 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
Re: ナツ姫降臨スペシャルCM
> まじーんさま


キョコさんが「普通に楽しくやりがいがある仕事」を楽しむ毎日は、いつまで平穏無事に味わえるのかしら?
あ、シリーズとしての続きは無いのですよ?そこまでは考えてはおりませぬ。

次の番外編は、ちょっとした(ぷぷぷな)日常ですよ。
真面目な内容で書いた後は、ちょこっと反動が大きいようでございます。
  • 2017-02-18│17:09 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
ルールを守っておられる「ス/☆ビ」二/次サイト様、お付き合いあるマスター様と相互リンクさせていただいています。お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りさせていただきます。
(リンクはトップページにお願いいたします)

ようこそ

最新記事

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様