不吉な夢 2

そして今回は蓮サイド…
全く似たものカップルですこと。









不吉な夢 2 ~Ominous dream~




『敦賀さん、もうお別れしましょう?』

(な…どうして?何がいけなかった?)

『だって…敦賀さんみたいに破廉恥な、そんな欲情の目で私を見ているなんて、耐えられません!!凄く幻滅しました!不肖、最上キョーコ、もっと清純で清廉潔白な方と清い交際がしたいのです!!では、失礼します!』

(待って!我慢するから!お願いだから、俺を置いて行かないで?分かれるなんて…嫌だ!最上さん…いや、キョーコちゃん!!!)




蓮はがばっとその身を起こし、辺りをキョロキョロと伺った。

「夢…か…」

そう呟くとやけにぐっしょりと汗をかいている事に気が付いた。

汗ばんだTシャツを脱ぎ、キッチンに向かう。冷蔵庫からミネラルウォーターを取り出すと、ごくごくと喉に流し込んだ。

「はぁ…なんて夢だ。昨日もあんなに可愛い顔で笑うから、欲望をねじ伏せたって言うのに…」

昨日も一緒に夕飯を食べた。「美味しいですか?」と首をかしげるキョーコを思い出すと、それだけで彼女を抱きしめたくなり、脳内は彼女にキスの雨を降らせる妄想で一杯になる。そうすると止まらなくなりそうな自覚があって、精一杯腕組みをしてやり過ごした。

おまけに送った先のだるまや前で、「明日もお家に行っていいですか?」なんて、破壊力満点で見上げられて、このまま連れて帰りたいんだと言って抱きしめたくなったうえに、おやすみのキスでさえ、俺の理性は吹っ飛ぶに違いないと慌てて制御したのに…
クツクツと頭を拳骨で叩き、その脚でバスルームに向かった。

当然のように下半身は猛烈に欲情をしていて、こんなものキョーコに見せられるはずもない。彼女に振られる夢を見て落ち込むと同時に、いつになったら“コレ”は報われるのだろうと、蓮は大きな溜め息をついた。



蓮とキョーコが付き合うようになってから3ヶ月…

ある晩、自分が主演したある恋愛ドラマを見ていて彼女が呟いたのだ。

「いいなぁ…こんな恋愛…」

はっとして横を見た途端、彼女の顔がぶわわわっと真っ赤になって、おたおたし始めて…
辻褄の合わない言い訳に浮かれた俺はもうその時点で自分を見失っていたといえる。
…つまり、学習能力なんてものはどこか星の彼方に飛んでいった。

そんな反応を自然にくれるようになった事が嬉しくて、彼女に「俺と恋愛を始めよう」と言った時に、自分の思いを伝えずにはいられなかった。「好きだから付き合って欲しい…」と。ぎゅっと抱き締めて、彼女の震えが治まるまで彼女が好きだと言い続けた。

彼女が頷いてからは、喜びを隠すこともせずに彼女の近くにいるように努めた。抱きしめようとすると、頬を染めて挙動不審になる彼女は本当に可愛い。でもそんな姿を見るたびに、まだ男性が怖いのかもしれないと思う。それに、付き合って3ヶ月と言っても、実際会えるのはそんなに頻繁ではなかったから、ゆっくり、恋愛初心者の彼女に合わせようと心に決めた。

だって、言ってみれば半ば強引に告白して付き合い始めたようなもの。
そして、彼女と一緒に見たドラマの俺は、彼女にひたすら甘い愛の言葉を囁いて、手を繋いだり、抱きしめたり…それこそ、可愛く照れくさい程の純情系な恋愛模様だったから、きっと彼女もそんな恋愛がしたいのだろうと思っていた。
だから、ここは年上らしく彼女を怖がらせないようにしたい。

…けれど、やっぱり体は成人男性な訳なので、彼女を丸ごと抱きしめたいと言う衝動にも駆られるわけで…その理性と欲望の狭間で、でも彼女に嫌われたくない俺は勤めて紳士的に振舞ってきた。

だが…もう限界…

流石に3ヶ月だ。ただの先輩後輩の時だってあんなに我慢したのに…今だって口にキスをしたら止まりそうにないから、おでこに軽く触れるだけ…
彼女が“敦賀セラピーをお願いします…”なんて、勿論嬉しい反面、それは既に拷問に近くなってきて、抱きしめるのも、もう手が勝手に動き出すのが止められない…

彼女から誘ってくれるなんて事、絶対に望むべくもないけれど…彼女に嫌われやしないかと疑心暗鬼になっているから、こんな夢を見るんだ…


強めのシャワーに紛れて己の欲望を吐き出すと、また自己嫌悪で大きく溜め息をついた。


「はぁ…敦賀蓮の中身がコレだなんて…絶対に嫌われたくない…どうか、正夢になりませんように…」




(続く)



ほらね?
定番の勘違い
結局へたれだからこうなるんですよ?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あらら。

蓮さんも夢を!!

そして、夢の中では起きているときほど制御できず、キョコさんは...。ヾ(´▽`;)ゝ

素直に口に出してから進めば良いのに、それが難しいんでしょうね〜。

ヘタレに、曲解という病持ちの恋愛は、先に進むのは難しい〜。
でも、雰囲気だけで進めたとしても、気持ちがまだヘタレてて、曲解したままな方が強いので、ここはちゃんと克服しないとですね!
(∩*´ω`*∩)

続きも楽しみにしてます。

正直な蓮さんのカラダ

こんばんは。

曲解で、清いキョーコさんを、大好きすぎな蓮さん。素直なカラダに萌えました‼
報われることを祈ってます(笑)

Re: あらら。

> まじーん様

コメントありがとうございます。
本当に素直に口に出してから進めば良いのに~~~!!!
○○したいの!○○していい?○○が不安です!etc…
真剣にそう思います。

互いに小心者で不安ばかりだからこうなるんですよね。
ただ、原作沿いとちょっと違うのは、今回の蓮さん…似非紳士スマイルで誤魔化してないのかも。

Re: 正直な蓮さんのカラダ

> harunatsu7711 さま

コメントありがとうございます。
欲望が抑えきれずに…カラダは大変正直でございます。
まさか、自分でもこんな初心そうな蓮さんを書く事になるとは思ってもみませんでした。
軽井沢での小川の一件と、グァムの“ズダム!!”に触発されてございます。
もうちょっと強引でもいいのにね?
プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/○/ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
二次ルールを守っておられる「ス/◯/ビ」二次サイト様に限り、相互リンクさせていただきたいです。お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンクは固くお断りさせていただきます。
(リンクはトップページにお願いいたします)

ようこそ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンクご案内
ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様 Bubble Shower
sei様
風月様 popipi様 ちなぞ様 惣也様