[Edit]

不吉な夢 5

拍手記念リク第6弾の最終話でございます!

今回もベタな…いえ、定番のお話となりました。
間に思いついたのを挟んでしまったので、少しずらしました。お待たせしましたね。すみません。










社と奏江が部屋を出て行ってから、しばしの静寂が訪れた。
二人を邪魔するものはいない…

(落ち着け…これ以上彼女を怖がらせたら、二度と彼女は俺の元に戻らない…落ち着け、俺…」

蓮は一度大きく息を吐いた。




不吉な夢 5 ~Ominous dream~




「もう一度聞く。最上さん…俺と、別れたいの?」

「……………」

「沈黙は肯定…か。理由、聞いていい?」

「…………」

「それも言えない?でも、たとえ理由があったとしても絶対に別れないよ?」
「な…なんでっ?私のこと嫌いじゃ…」

「嫌い…?さっきも言ってたけど、どうしたら俺が君を嫌いになるの?こんなに好きで堪らないのに…」
「好き…?」
「そう、君が好きでどうしようもなくて…だから君に嫌われたくなくて…」

「私が敦賀さんを嫌いになるなんてありえません!私のほうこそ、敦賀さんが私のことを嫌いだから…」
「だから、どうしてそうなるの!」
「だって…(えぐ…)敦賀セラピーをお願いしても…だんだん短くなるし…。御飯のあとですぐに帰るように準備して…腕組みして溜め息…」

「…っ!それは!」
「それに…、共演の男優さんを見ても知らん振りで…」
「ちがっ…」
「敦賀さんは、もう私には関心がな…(んむっ!)」

蓮は思わずキョーコの口を塞いだ。
壁際に追い込んだまま、キョーコの動きを封じるように囲い込んで深く口付けを交わす。

「……むぅ…んんんっ…」

深く深く舌を絡めると、だんだん硬くなっていたキョーコの身体から、力が抜け始めた。

カクン、と崩れそうになる身体を支えて更に口付けを交わせば、彼女から息が上がり始める。

「ふぅっ…んんっ…」

ちゅ…とリップ音を残して唇を離すと、潤んだ目でキョーコが見上げている。

「こういうこと…嫌じゃ…ない?」

目に涙をためてふるふると首を振る。それは肯定なのか、否定なのか…

「凄く…我慢してたんだ…こうやって君を抱きしめたら、キスしたくなる…キスしたら、もっと触れたくなる…舌を絡めて、身体に触れて…そういうことがしたくなるから、我慢してたんだ。関心がないなんて、冗談じゃない。」

「………」

「…寧ろ逆で、独り占めしたくて…だけど、こういう俺…嫌だろう?」





「嫌じゃ…な……い…です

「嫌じゃ…ないの?」

コクン…とキョーコは頭を縦に振ったとき、蓮がホッとしたように息を吐いた。

「本当に、本当で嫌じゃない?こんな俺、嫌いじゃない?」
「…嫌じゃないです」

「ずっと、軽蔑されると思ってて…それで、キョーコに嫌われるのが…怖くて…」

「敦賀さん……」

「だって…臆病にもなるよ?キョーコが好きで…本当に好きで仕方ないんだから…」

「………本当に?」

「本当。好き過ぎてこんなに臆病になるとは知らなかった。」

「私も……です。」

その言葉を聞いて、蓮はキョーコをぎゅうっ…と強く抱きしめた。



「ねぇ、ずっと好きだって言ってきたつもりだったんだけど…どうして俺が君を嫌いだと思ったの?そりゃ、確かに必要以上にふれないようにはしてきたけど…」

「あの…夢の話、聞いてくださいます?」
「うん…どんな?」
「敦賀さんが、私が別れるって言ったら、「ホッとした」って言う夢…「幸せになってね、最上さん」って…」

「そんなの、言う訳ないだろう!?」

(…って、やっぱりどれだけキョーコの中で酷いイメージなんだ!?)
蓮は気まずそうに、天井を見た。

「それで…悲しくなって、でも、敦賀さんが私と別れたいと思ってたので、どうにかして傷つかない方法を探してました…ごめんなさい…」

それでも…、それでも別れるのは嫌だと一瞬でも思いとどまってくれた事に感謝したい。

「うん…俺も同じような酷い夢を見た。」
「酷い夢?」
「うん、とても不吉な夢なんだけど、聞いてくれる?」

「…どうぞ…」
「最上さんがこんな俺を見て、「敦賀さんを軽蔑するわ!」って俺に別れを告げる夢」
「軽蔑?なんで?しませんよ?」

「いや、だから…」

コホンと咳払いをすると、本当に気まずそうに告げた。

「だって、可愛い恋愛をしたい君にいきなり口付けたり、その…ボディータッチをして嫌われたら、立ち直れないし…」
「嫌いませんよ!!」
「でもね?こう…なんていうのかな、抱きしめる…だけじゃもう足りないから。」
「足りないんですか?心が満たされて、嬉しいとか…」

「うっ…だから、その…ね、健全な成人男性ということで…そこは、ちょっと察してもらえるとありがたいんだけど…」
「そ…/// そんなの分かってます!夜の帝王な敦賀さんなんてダークムーンの時から知ってます!」
「夜の帝王…?」
「もう!色気駄々漏れってことですよ!まさか無自覚だったんですか?」
「いや、自覚はあったけど君はまだ未成年だし、その…そればかりが目的だと思われても嫌だから」

じいっとキョーコは蓮の顔を見上げた。

「そんな風に思ってくださってたんですか…敦賀さんは恋愛した事ないとか言いながら、タラシでスケコマシで…。来るもの拒まず、去るもの追わずだったはずで…」

(俺もそうだと思ってたけどね、君に会うまでは…)


でも、それは言わずにおこう。


「そうかな…俺、本当にちゃんと恋をしたことがなかったんだって…」
「…………」
「何?そのジト目…何が言いたい?」
「いーえ、何でも?」

「困ったな…もっとキスしたくなった」

小さく蓮がつぶやくと、これまた困ったようにキョーコが赤くなる。

「もう少し…いや、もっと君にふれてもいい?」

耳まで真っ赤になったキョーコが、湯気を立てながら蓮の胸に顔を埋めた。




「………どうぞ……」









「ねえ…静かになったね」
「なりましたね」
「やれやれ、といったところか」
「本当にどうしてああもじれったいんでしょうか?」
「そりゃまあ、恋愛音痴な初心者と拗れたラブミー部のラスボスだからなあ」
「でも、敦賀さんって、手馴れすぎなイメージなんですけど?」
「ああ、基本フェミニストで部分的にはそうだろうけど、結構面倒くさい男だよ?キョーコちゃんへの気持ちを認めるまでも大変だったし」
「まあ…それはキョーコもお互い様で…二人に誤解があったんなら解けたでしょうか?」
「だといいけど…これから先も思いやられるかな?」
「もう、ここから先はごめんです」
「ははっ…違いない」



こうして、静かになったラブミー部室に少しだけ安心(?)しつつ、でもここは事務所だぞ(!)と若干の危機感を持って、二人はしばしその場を離れた。



二人の不吉な夢…
それは互いの不安な心を映し出したもの

明日からは二人が不吉な夢を見ませんように…






(おしまい)





リクエスト、ありがとうございました~~!!!
うう、お気に召したならば嬉しいのですが、いかがでしたでしょうか?
あ、続きはどうぞ好きに妄想してね?

ちょっとイメージとは違ってしまったかもしれませんが、お楽しみいただけたならありがたいです。




関連記事
スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

完結おめでとうございます。
お忙しい中、5話も書いていただけ嬉しかったです。
ありがとうございます!!

不吉な夢を「夢のお告げ」のように感じてしまうほどの不安を抱えていた二人。

心の中を明かしてしまえば、あとは自然と仲良くできますよね〜。

見守ってくれているヤッシーやモー子さんがいてくれてよかったです。( ´͈ ᗨ `͈ )

この度は、ドボンありがとうございました。
次回も楽しみにしてます。
  • 2017-04-10│20:56 |
  • まじーん URL
  • [edit]
せっかく両思いなのにすれ違っちゃうふたりを妄想しながら読ませていただきました
きょこたんの曲解も今に始まったことじゃないけど、さすがヘタ蓮(笑)社さんとモー子さんがいなかったら…
社さんGJすぎます(((*≧艸≦)

体調が悪くてしばらく来れなかったんですがじれったい両思いな蓮キョに元気をもらいました(*´∀`)
ステキなお話をありがとうございました☆
  • 2017-04-12│15:29 |
  • おいも URL│
  • [edit]
Re: 完結おめでとうございます。
> まじーん様

こちらこそ、いつもおいしそうなネタを提供していただいて、感謝です。
ぽぴしゃん向けのネタも凄く惹かれました。
また、機会が会ったらぼっちゃん…どっぼん…しに行ってもいいですか?
いや、嵌りに…かな?
またお邪魔しまーす!!
  • 2017-04-14│20:57 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
> おいも様

体調は大丈夫ですか?
治ってすぐにお越しいただけるなんてとても嬉しい限りですが、どうぞご無理はなさいませんよう…

私も今週はかなり忙しくてへばっています。
あまりに眠くてパソコンを開く事もなかなか出来ませんでした。
今日は、また久しぶりにふって湧いたものを書きとめようと思います。

ヘタ蓮…読むのは好きですけど書くのはとても難しかったです。
楽しんでいただけてよかったです!また来て下さいね。
  • 2017-04-14│21:02 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
ルールを守っておられる「ス/☆ビ」二/次サイト様、お付き合いあるマスター様と相互リンクさせていただいています。お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りさせていただきます。
(リンクはトップページにお願いいたします)

ようこそ

最新記事

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
Bubble Shower
sei様

風月様
popipi様
ちなぞ様