Strawberry moon

こんばんは 
季節ものにつき、取り急ぎアップします。








Strawberry moon




(あ…今日の月はオレンジ色だ…)

キョーコは思わず自転車を漕ぐ足を止めた。

川土手から見える夕焼け雲が朱鷺色から薄紫に染まり、太陽の沈んだ反対側の薄闇に昇る月は、ほんのり赤みを帯びて、それはそれは不思議な色合いを醸し出している。

「綺麗…敦賀さんと一緒に見れたら、きっともっと綺麗よね」

けれどそれは無理な話というもので、確かにこれから憎からず思いを寄せる先輩俳優の自宅マンションまで食事を作りに行くつもりではあるが、きっと今日は先輩俳優の帰りは遅い。
作って置くだけになってしまうだろう。

キョーコはしばしの間その苺色をした月を眺めていたが、はっと我に帰ったようにマンションへと急いだ。

(もしかしたら、敦賀さんのマンションの方が綺麗に見えるかも…!)

急いで自転車に鍵をかけ、預かったカードをかざして最上階を目指す。
手には大きな買い物袋を提げ、一呼吸整えて部屋の暗証番号を打った。

ピッ・ピッピッピッ…ピロリン!カチャ


(…えっ!??ええええ~~~??)

玄関扉を開けた瞬間、キョーコは固まった。
広い三和土には、きちんと揃えられた大きな革靴があったのだ。

「こんばんわ~あの~最上です。お帰りとは露知らず、ドアを開けてしまいました。すみません!!」

リビングの方に声をかけてみるが、反応がない。まさか…まさか調子が悪くて、倒れているなんて事…いや、敦賀さんに限って…いや、あるかも!!と、キョーコは慌てて靴を脱いだ。

「最上キョーコです!失礼します!!」

叱られるのを覚悟で鬼の形相でリビングドアを開けた。
その瞬間目に飛び込んできたのは、大きな窓の外に見える橙色の月。
玄関へと通り抜ける風がキョーコの髪を擽る。

「おっき…い…」

呆然と呟けば、ベランダに出ていた蓮がゆっくりと振り返る。

「やあ、最上さん。丁度良いところに来たね。こっちにおいで?」
「…………は…い」

手招きに吸い込まれるように、摩天楼を照らす美しい月に誘われて、うかうかとベランダに出た。

「今年は黄味が強くて残念だけど、ストロベリームーンが見られるなんて、帰ってきて正解だったよ。」
「これ…こんなに大きいオレンジの…いえ、橙色の月は、ストロベリームーンって言うんですか?」
「そう。ストロベリームーン。苺を収穫するこの時期に見える満月の名前らしいね。」

「初めて見ました…中秋の名月より赤みが強いんですね。凄くきれい…」

ボーっと月を見つめるキョーコを蓮は愛しげに見つめた。

「本当はね…今年はあまり大きくないそうだよ。そして赤みも少ない。例年大きくて赤みの強い満月になるらしいけれど、ちょっと残念だね。」
「そんな事ないです!満月は…お月様は特別ですから!綺麗なものは綺麗なんです!!」

そう言って、嬉しそうにストロベリームーンを眺めるキョーコ。
ああ、帰って来てよかったと思わずにはいられない。

(…そう、今日はストロベリームーン。好きな人と結ばれるという言い伝えのある月。月が出た短時間だけは赤く見えるけれど、次第に冴え冴えと光り始めるだろう。そんな月を君と眺めることが出来るなんてね…)

まだまだキョーコとの間合いを詰める道のりは長い。
けれど、少しずつ警戒を解き、キョーコが自分の懐に入ってくるのを願わずにはいられない。

(君が好きなものを集めてプレゼントしよう。宝石だけではない美しいものを一緒に楽しんでいこう……きっと君は喜んでくれるだろうな。)


やがて月が上へと昇り、赤みが消え、青白く煌々と光り始めるまで二人はベランダで月を愛でた。




(おしまい♪)




かばぷーは週末のオレンジ色したストロベリームーンを見ながら帰宅しました。
自宅に帰る頃には流石に白っぽいいつもの満月でしたよ。今年はちょっと月と地球との距離が遠かったらしいですね。けれど、満月ってやはり美しいものです。

土曜日に寝て過ごしたおかげで本日かなり回復しました。(ご心配をおかけしました)
ストロベリームーン、ハニームーンと続いて結ばれるといいのかな~♪


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初耳でした

こんばんは。ストロベリームーンなるものを知らなかったので、、、早速調べましたら、恋人同士で見ると、結婚するという縁起物!
蓮さん、キョーコさん、一緒にみれてよかったですね!!ムフフです~。

ちなみに私が月を見たときは既に高いところにあり、まん丸な月ではありましたが、赤くはありませんでした…。

こういう季節もの、時期もののストーリーを書いていただけると、勉強になります!

Re: 初耳でした

> harunatsu7711 さま

こんばんは。私もストロベリームーンの存在は娘に聞くまで知らなかったのです。
私はこの時期の満月をハニームーンということしか知らなかったので、実は蜜月と苺月は同じものなのですね。
ですから我が家的展開で行くと、苺月→蜜月となり、一年後には蓮さんは酔っ払いながらも見事にキョコさんゲットと相成るわけですね!
(知らなかったとはいえ、何たるこじ付け…)

苺月にしても蜜月にしても、カップル成立とか幸せになれる言い伝えのある月ですから、縁起がいいことには変わりありません。
お楽しみいただけてよかったです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
二次作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
お付き合いある「ス/☆ビ」二/次サイト様、マスター様のリンクをいただいています。リンクをご希望の場合、お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りいたします。

Attention!
The all of this are NOT related with the Author and/or the Publisher. Not allowed to permit from all illegal actions by the website rules. No reproduction and/or republication without any written permission from blog author and/or web site owner.
Each blogs has the copyright after publication showing on the web site and each web page by the author.
注意!
この中の全ての物は、原作者及び出版社とは関係ありません。
ウェブサイト会社規約、全ての違法行為を禁止します。著作者の許可なく摸作・転作などの行為を禁じます。
各ウェブサイト又は各ブログ執筆者により書かれた、もしくはデザイナーに描かれたそれらの創作作品は、公共へ配信された時点で著作権は著者が所有しています。 

ようこそ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンクご案内
ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様