[Edit]

キョーコStyle ~コスメな彼女~

みなさまこんばんは かばぷーでございます。

キョーコStyle 久しぶりに書いてみました。
何のことはない、ちょっとした日常です。








キョーコStyle~コスメな彼女~




「De De De、コッスメDe マジック~♪
今日もくるくる♪くりりんパン♪」

アイラインを目尻に乗せ、ホットビューラーで睫毛をくるっと上向きにした。

「よし!今日も完璧!あとは…プリンセスローザ様っと…」

キョーコは、17歳の誕生日に蓮から貰った大輪の薔薇、クイーンローザからこぼれ落ちたプリンセスローザに口付ける。

“コスメ・デ・マジック”

それは最上キョーコの戦闘服だ。

ショッキングピンクの戦闘服は19歳の時に脱いだ。けれど、今も相変わらず部室を自由に使っている。

彼女の戦闘服が少しずつ変わり始めたのは、まだタレントだった頃。
まず、ダークムーンの打ち上げの時に貴島に施されたコスメ・デ・マジックが彼女の大人美人へのスタートだった。
「BOX-R」のナツ、「泥中の蓮」の紅葉…
キョーコの演じる役柄は、可愛らしさより、仄かに匂う大人の女性へと変化した。
「Beautiful Vampire」の絢子は人を誘惑する大人美人度5割増しだと自分でも評価した。

以降、大人美女役は途絶えることなく、キョーコの評判を押し上げる。

「うん!やっぱりミューズ様直伝のコスメ・デ・マジックは完璧ね!セクスィ~ダイナマイツ!!とうっ!!」

「…あんたね、いきなり“とうっ!”はないでしょ?“とう!”は…」
「だあってモー子さん、たまには気を抜かないと、この魔法がいかにすばらしいか、実感しにくくなっちゃうのよ」
「そうなの?そうは言ってももうそこまで出来たらそれはあんたの言う魔法じゃなくない?あら、このグロスいい色ね」
「でしょ?気に入ってるの。でもね、やっぱり本当にちゃんと魔法にかかってるか確認したいの。ね、今日は大丈夫かな?」
「あ~…大丈夫、大丈夫(…って、綺麗に化けすぎでしょうに!)」

泥中の蓮以降、久しぶりに共演したキョーコの演技力と美しさに、奏江は絶句していた。

(本当に、いつの間にこんなに綺麗に…)

社さんが正式にマネージャーに付く事になって、ちゃんとそれなりにお金を掛けて手入れを始めたキョーコ。
肌を磨き、爪を磨き、服を選んだキョーコはみるみるその美しさを際立たせていった。
本人の好むと好まざるに関わらず、大人美人の役柄のオファーが増え続け、番宣や私生活にもそれを求められるようになった。
けれどそれは、先輩俳優、敦賀蓮の隣に並んで立っても遜色なく…敦賀さんを困らせたくないという切なくも複雑な女心であることを奏江も社も知っている。

(敦賀さんは別に大人美人だからあんたが好きなわけじゃないでしょうに、って言っても信じないでしょうけど、中身は相変わらず古風でくそ真面目なんだから…)

コン・コン…

「京子、準備できた?」

相変わらず人好きする穏やかな笑顔の敏腕マネージャーは、遠慮がちに声をかける。

「はいっ!今行きます!」
「あら…社さん、今日はこっちなの?」
「ううん、どっちも。次のドラマ、やっと敦賀さんと共演できることになったから。」

こんな風にさらっと共演できる事を喜ぶキョーコを喜ぶべきか…?
“打倒!敦賀蓮が叶うかも!”なんてまた変な方向に突っ走らなければいいけれど。

「やあ、琴南さんおはよう。久しぶりだね、元気?」
「おはようございます、社さん。お蔭様で元気です。今回はこの子、敦賀さんと共演だそうで?」

社は無表情に微妙な間を置いた。

「うん、そうなんだ。さ、キョーコちゃん…いや京子、行こうか?」
「じゃあ、頑張んなさいよ。」
「うんっ!行って来ます!さて、部室を出る前にスイッチONしなくちゃ!」

そういうと、社と奏江の前で胸に握りこぶしを当てて目を閉じる。
1秒…2秒… すうっと眼を開けると、そこには女優・京子がいた。

最上キョーコが作り上げた“京子”はいまや、恋人にしたい女優NO.1に君臨している。
美しく、優しく、凛とした佇まいの大人の女優、京子
年齢よりも大人びた雰囲気を纏った女優は、にこりと美しい笑みを湛えて部室を出た。



*  *  *



「俺はさ、別にキョーコちゃんはもっと可愛いイメージで売ってもいいと思うんだけど?」
「社さん、でもそうすると、敦賀さんの隣に似合わなくなっちゃいます。」
「それ、キョーコちゃんの杞憂だから。蓮はどんなキョーコちゃんも好きだし、どんなキョーコちゃんでも隣に相応しいと思ってるよ?」
「だから、何を根拠に…敦賀さんに似合う女性は、やっぱり大人美人の方がいいとの世間様の評価です!ちんちくりんで、素うどんの最上キョーコごときが敦賀大先輩の隣に並んで許される筈がありませんから。」

「………(「好き」はさらりとスルーしたよ…)」

移動中の局の廊下で、繰り広げられるそんな会話
すれ違う男性陣はにこやかに挨拶するキョーコを見てキョドったり頬染めて振り返るのに、そんな事はアウト・オブ・眼中
そして、蓮に対して真剣にそう思っているらしいキョーコに思いを寄せる担当俳優が不憫でならない。

「それに、敦賀さんが私を隣になんて…そんな夢みたいな事を仰らないでください。そりゃ…あいも変わらずお世話をさせていただいては居りますが、あくまでもそれは事務所の先輩後輩としてですね…」
「ちょッ…キョーコちゃん、ストップ!」

キョーコの背後にはいつの間に合流したのやら、黒い雰囲気を漂わせた担当俳優が、薄らと微笑みながら立っていた。

「最上さん、おはよう今日も綺…」
「おはようございます、敦賀さん。そう言っていただけて、嬉しいです。久しぶりに敦賀さんと共演できるので、本当に楽しみにしていました。また勉強させてください。」
「…………」

あろう事か先輩の台詞をうっちゃって、ペコリと優雅なお辞儀をした。

「こちらこそよろしく…社さん、ちょっといいですか?最上さん、ちょっと待っててね。」

不意に振り向いた蓮の視線がプスプスと社に突き刺さる

「(ひいっ…ここここ…怖い…)キョ…キョーコちゃん、ちょっと行って来る。」
「はい、ごゆっくり」

少し離れたドリンクコーナーで、蓮は口を開いた。

「社さん…お願いですから、彼女を大人美人に仕立て上げないでください。…って、何度お願いしたことか」
「うっ…そりゃ分かるよ!俺だって現状打破したいって!でもな、オファーがそうなってるんだから仕方ないだろう?」
「あれじゃ、更に馬の骨を量産するばかりで精神衛生上良くありません。」
「うん、うん、俺もそう思う。」
「しかもまるで、俺が彼女に関心がないみたいに…」
「いやっ…俺だって必死に伝えてるけど…お前が彼女を信じないのと一緒で、キョーコちゃんだってお前の好意には異様なくらい無関心…いや、全力否定なんだから!」
「だって、期待して裏切られるばかりでどう積極的になれと、さっきだってあんな…」

「分かった!分かったから!!そんな子犬みたいな目をするな!」

社は、深い、深~~~~い溜め息をついた。


(頼むから、お互い両思いのくせに片思いの振りをするのをやめてくれ~~~!!!)


そう、これが最近のキョーコの姿。
コスメ・デ・マジックとは言いつつも、無駄に色気を振りまいて馬の骨を量産する女優。
無自覚に…ひたすら無自覚に、周囲の男共をいとも簡単に虜にする。

そんな彼女に告白さえ出来ず、世間様の評価では相変わらず抱かれたい男であり続ける建前上紳士な敦賀蓮は、無自覚な彼女を前に右往左往し翻弄され続ける。
現状打破…簡単に思えてかなりの苦行である事は既に周知の事実で…彼と彼のマネージャーのの苦悩は計り知れない。





(おわり)



書いた日付を見てビックリ
半年以上前に書いていました。ほったらかしにしていたので、修正かけてUPします。
かなりの作品をフォルダ整理・放出しましたよ。
そろそろ書き始めないとね~とは思っているのですが、書けるのかな?
気長にお待ちくださいませ。
関連記事
スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

え、単発?
こんばんは。
訪問しましたら更新が‼

えっ⁉単発なのですか?コスメでマジックのキョーコさんと、翻弄される蓮さん!かなり美味しいシチュエーションです。
  • 2017-07-02│20:42 |
  • harunatsu7711 URL│
  • [edit]
Re: え、単発?
> harunatsu7711 さま

はいはーい!いつもありがとうございます。
今回は単発ですよ~♪
キョーコStyleは気が向いたときに書きますので、基本続きません。
派生のお話になったりすることはありますが、皆様の妄想力に委ねたいと思います。
ちょっとこれから間が開くことが予想されますが、気長にお待ちくださいね。
  • 2017-07-02│22:01 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
ルールを守っておられる「ス/☆ビ」二/次サイト様、お付き合いあるマスター様と相互リンクさせていただいています。お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りさせていただきます。
(リンクはトップページにお願いいたします)

ようこそ

最新記事

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様