[Edit]

嫁ものがたり 1

皆さんご無沙汰しております!!

かばぷーでございます。

お話を書き始めて、これほど間が開いたのは初めてですね。
ここ1~2ヶ月はこぼれ落ちてまとまらない妄想に、多忙のあまりの創作意欲減退…読んで読んで、ひたすら読んでエネルギー補給をしておりました。
そうしたら今日、久々にぽや~んと浮かび上がったのです。
昨日までの浮かんでは消え、書こうとしては止まっていた作品たちは置いといて、まだ書き上げていないのに見切り発車がしたくなりました。(随分と久々の見切り発車です)
なので、何話で終わりそうか見当もつきません。だらだらと長くなったらごめんなさい。しかも、不定期だと思いますので、どうぞ期待なさらずにお付き合いくださいませ。








嫁ものがたり 1




「いい加減にしてください!」
「いい加減にして欲しいのはこっちの方だ」

クオンとクーは珍しく声を荒くした。

「だから…どうしてわざわざ結婚しなくちゃならないんです?結婚なんていうのは本人の自由意志で決めるものでしょう。ましてここはアメリカです!貴方の古臭い理屈を持ち出さないでください」
「結婚するしないは確かにそうかもしれない。けれど、私は孫が欲しい!ジュリと私の宝であるクオン、お前の遺伝子を引き継いだ孫が欲しいんだ!何度いったら分かる?なのにお前といったら適当にいつまでも一人でうだうだと…言い寄る女性が多いのに、どうして一人もお前と結婚という話にならないのかが不思議なんだ!」

さても不毛なやり取りを繰り広げているこの二人…

一方は今をときめくハリウッドスターの若手筆頭といえるだろう、クオン・ヒズリである。
そして、もう一方はこれもハリウッドを代表する往年の大スター、クー・ヒズリである。
日本とアメリカのハーフである父と、ロシア出身でトップモデルのジュリエナという両親を持ち、金髪碧眼の類稀なる容姿で生まれてきたクオンは、それこそ子役モデルから始まり、演技で周囲を唸らせるスターへと成長した。

「それは…」
「いつまでも遊びたいのは分かるが、そろそろ身を固めてもいい頃だ!社会的信用にも繋がるんだ!」

「だから、それは…」
「それは何だ?この前共演したジェニファーは?彼女は外見上はジュリに劣らず美しいぞ?」

「いや…(彼女、あちこちを好きなように作り変えてましたよ…?)」
「なんだ?ダメなのか?じゃあその前のミランダ!!ミランダならどうだ?」

「いえ…(あまりに積極過ぎて自分のタイプでは…)」
「何だ、それもダメなのか?じゃあ、前の家の娘はどうだ!女優がダメでも一人くらい親しくしていた人がいるだろう?他にはほら!監督筋の娘とか!元同級生とか、モデル仲間のアレやコレやソレとか!」

「うっ…(どれだけストーキング行為があったかあなたも知っているでしょうに!!父さん!!)……って、あなたはどれだけ俺の交友関係(しかも女性)をご存知で、そういうことを急かすんです?」

「…………更に、もう一回言わせるのか?そんな馬鹿な息子に育てた覚えはないよ。」
「……いえ…そうでした。ジュリにそんなにせがまれているんですか?」

クーはクシャリと髪をかき上げた。

「ジュリだけじゃない…本当に私も孫が欲しいと思っているんだよ…クオン…そして、もし孫が出来ないとしても、お前の結婚を…いや、将来を案じているんだよ。老い先短い私たちだからな…」

クーにそんな風にしおらしくされると、クオンは言葉が出てこなかった。
勿論それはすぐに裏切りの言葉に変わるのだが…

「だって…お前はそんなに理性の固い子じゃないだろう?それなりに女性経験も豊富だと思っているぞ。確かそれで周囲の反感を買う事だってあっただろうし…」

「息子の事、そんな風に見てたんですか…人をタラシみたいに…」
「いやっ…一般論だ。当然ジュリと私の息子なのだからお前がもてないはずはない。そんな事はお前の容姿を見ていれば一目瞭然の事なのだから!けれどだ、それほど女性をとっかえひっかえしていていい訳がない!」

「俺がしたくて替えてるんじゃないですよ。全部振られているんですから!」

「そう、全部振られ…て……振られ……え?」

クーの顔が信じられないものを見るように歪んだ。

「情けない事にそうなんです。父さん…貴方の息子はいつも女性と長続きしない。なぜかいつも女性のほうから距離を置かれてしまう。だから結婚はおろか婚約すらも出来ないんです。」

「まさか…お前、小さ…「そっちで文句を言われたことはありません!!」」

何でこんな事を父親に暴露しなくちゃならないんですか!??と突っ込みたいのをぐっとこらえ、クオンは赤くなりながら困ったように続けた。

「いや…正直、女性にはもてると自覚しています。不自由しているとも思いません。けれど、なぜか向こうから別れを切り出されてしまうんです。いつも。あとは…」

「あとは何だ?まさか、まだ…」

クーの言葉に、クオンは少しだけ眉根を寄せて微笑んだ。

「もう、大事な人は作らないと決めたんです。まだ…俺は幸せになっていいわけじゃないから…」

「クオン…」




* * * * *



クーとの会話からしばらく経った頃だった。
暫く撮影所から帰ることが出来なかったある日、久々に一人で借りている自宅へ帰りついたとき、自宅に灯る明かりにクオンははっとなった。

(ジュリ…?な訳ないな。ちょっと待て!!今頃ハウスキーパーが残っている訳ないだろう!?)

もしかしたら、強盗か何かが物色しているのかもしれない。だが、もし強盗だとしたらセキュリティが入っている住宅に忍び込んでうっかり電灯なぞつけるだろうか?
それなら、もう警備会社が取り押さえていくらなんでも自分に連絡が来ているはずだ。

クオンはおそるおそる玄関のノブを触った。

カチャリ…難なく開く扉
そこに突然飛び込んできた声と匂い

「お帰りなさいませ!」

深々とお辞儀をするその華奢な姿は今まで一度も目にしたことがない女性には間違いない。

「…どういうことだ、他人の家で何をしている。君は…誰だ?」

声に棘を滲ませて問うと、ゆっくりとその女性は顔を上げて微笑んだ。

「はじめまして、最上キョーコと申します。このたびはクー・ヒズリ様からの依頼によりこちらに伺った次第です。」





(続く)




うふふ、パラレルです。
設定ほぼまんまですが、場所は勿論アメリカなのね。
細かいことはまあ、置いといて下さい。
関連記事
スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

今後が楽しみ
訪問しておりましたが、更新がないことを残念に思っておりました。。。


うーーーん。原作に近くパラレルとは、とても嬉しい新作です。見きり発車ドンとこい。です。

更新気長にお待ちしております〰。
  • 2017-07-15│21:10 |
  • harunatsu7711 URL│
  • [edit]
Re: 今後が楽しみ
> harunatsu7711さま

いつもありがとうございます。
本当に随分と間が開いてしまいました。
お越しくださっている皆さんに申し訳なく思いつつ、とても嬉しく思っておりました。

今回の見切り発車は書きたい気持ちが悶々と湧いたので!(←自分でも嬉しい)
頭にクオン×キョを思い浮かべながら書きました。
どうぞ気長にお付き合いくださいませ。
  • 2017-07-16│09:53 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
更新ありがとうございます。

ワクワクドキドキで更新を待っているので無理はしないでくださいね☆
  • 2017-07-16│21:37 |
  • あやめ URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
> あやめさま

こちらこそ訪問&コメントをありがとうございます。

本当に何でこんなに書けなかったかと思うほど書けませんでしたね。
妄想は溢れるのに、纏まらなくて困りました。

今回はすとーんと!(笑)

無理ないようにというありがたいお言葉に甘えまして、無理なくさっさと形に出来たらいいかと思っています。
  • 2017-07-17│15:21 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017-07-18│20:22 |
  • [edit]
Re: すごく嬉しいです!
> komu□iさま

初コメントをありがとうございます!
過去作品を一気読みしていただいた上に再読だなんて、何と嬉しい事でしょう。
そして、記事投稿を楽しみにしてくださっていたとのこと、本当にありがたく感じています。

楽しみにしてくださっているんだなと分かると、やはり励みになります。
なんだか書き始めてみると、まさか一番長い長編になるのではなかろうかという様相を呈して参りました。
ちょっとずつ仕上げていこうかと思いますので、気長にお付き合い下さいませ

  • 2017-07-18│21:33 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
ルールを守っておられる「ス/☆ビ」二/次サイト様、お付き合いあるマスター様と相互リンクさせていただいています。お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りさせていただきます。
(リンクはトップページにお願いいたします)

ようこそ

最新記事

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様