[Edit]

嫁ものがたり 3

キョコさんターンです







嫁ものがたり 3



「先生の息子さんの所へ…ですか?」
「ああ、あいつの息子はクーと違ってえらく少食でな。放っておくと固形物を食べることさえないらしい。以前はジュリエナがぎゅうぎゅう息子の口に詰め込んで食べさせていたが、さすがに一人暮らしの成人男性にそれをするわけにもいかないし、かといって体力勝負の役者の世界であまりに杜撰な食生活もどうかと相談が来た」

キョーコは怪訝そうな顔をして首をかしげた。

「それなら、他の現地の方でも良いように思うのは私だけでしょうか…?」

「…なんだ、えらく渋るな。クーが半分日本人である事も手伝って、日本食の方が好みなんだから現地の人間には難しい。それとも何気に最上君は食事の世話はいやだと言いたいのか?」

「そっ…そういうわけでは…」
「最上君、君の所属は?」

いきなり経営者の眼差しになった社長の低い声に、キョーコはひゅ…っと息を呑んだ。

「はっ…はい!愛される人を育てるラブミー部です!」
「そう。そして君の使命は?」

キョーコはぐっと言葉を詰まらせた。

使命…愛する事も愛される事もやめてしまったキョーコにとって、愛し愛されることがキョーコの使命と言っても過言ではない。そのため、いろんなラブミー部の活動をこなしながら、タレント兼女優としての活動を続けてきたが、未だに何か足りない。…愛されること、自分を、最上キョーコを創ることに心血を注いできたのに、大事な大事な何かが不足している。
けれど、キョーコはそれを分かっていた。

“愛される事以上に誰かを愛する事”

それが自分に足りない何か。

クーの付き人を経験して、役柄として生きる楽しさと喪失感を教えてもらった。クーを師と仰ぎ、父と慕った。役を愛し、自分を認める事が出来たのに、まだ足りない…満たされない愛の欠落者ラブミー部員一号は今も顕在していたのだった。

そこへ飛び込んだ今回の依頼

勿論クーの元へ行く事ができるのなら、喜んで向かったと思うのだけれど、それが息子さんの世話とは…とキョーコは心のどこかで思ってしまったのだ。

「ふん…この期に及んで仕事を選り好みするとはな…」
「すっ…すみません」
「まぁ、心配しなくていい。近くにクーがいるから、あっちで演技の勉強も続けるといい、丁度時期もいい頃合だ。あいつの世話はまぁ…大した問題じゃない。」
「その…先生の息子さんの情報をいくつか頂きたいのですが」
「あぁ、それはクーに聞いてくれや。以前“久遠”を演じた時みたいにお前さんが混乱するほどの情報が得られるだろう」



* * *



アメリカについてみると、クーとジュリエナに熱烈な歓待を受けた。
クーの屋敷に案内され、あちこちに飾られた夫婦の写真と金髪碧眼の超絶美男子に息を呑む。

「せ…先生?これ…この方が息子さんですか?」
「そう、彼が私の愛するジュリとの間に生まれた愛する息子、クオンだ」

(えっっとー…もしかして、コーン?いや…妖精だから違うけど、やっぱりコーンに見えてしまうんですが!?)

クーからクオンの情報を得るごとに、妖精ではない現実の俳優、クオン・ヒズリが人としての形を帯び始める。
しかし、実物に会うまではきっと信じる事ができないだろうと思った。何せこの世の者とは思えない煌びやかな姿なのだ。

その容姿は神の寵児かと見紛う如き神々しさで、御伽噺に出てくる王子様スタイルがまさに似合うであろうと妄想…いや想像に難くない。
しかも、小さい頃に川原で出会った妖精コーンが成長したら、こんな感じになるのではないだろうかと思えるほどの美しさを兼ね備えた男性など、今まで一度もお目にかかったことが無かったからだ。

「どうだい?キョーコ、我が家の息子、クオンの実物を見てみたいと思わないかい?」
「はっ…?いえ、お目にかかれるならば是非!」
「そうだ、キョーコには以前クオンを演じてもらったな。その頃からは成長しているが、相変わらず優秀な息子なんだよ。」

相変わらず息子ラブなクーの様子に、自分のような粗忽者がこの王子様みたいな超絶美男子の役柄を、一瞬でも息子として演じた事が恥ずかしくなってしまう。
亡くなったと思っていた久遠少年は実在していて、現在は役者としてハリウッドで活躍をしている一人だと聞いたのは社長経由だったので、本当に動く久遠青年を直接見られると思う実感がないだけで、興味が湧かないわけじゃない。

「じゃあ先ず、君に演技指導をする条件として、ボスにお願いした事を伝える。」
「はい!よろしくお願いします!!」

若きハリウッドスターの食事のお世話を日本人の自分がすることを条件に、キョーコはクーの元で演技の勉強をするチャンスを得たのだった。





(続く)

関連記事
スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

コーンとクオン
こんばんわ。


こちらのキョーコさん、コーンに会っているのですね。
オオー、原作に近いパラレルですね。。。今後が楽しみです。

  • 2017-07-22│20:37 |
  • harunatsu7711 URL│
  • [edit]
Re: コーンとクオン
> harunatsu7711さま

はいはーい。
そうなんですよ。あくまでも設定は原作沿いなのですが、パラレルなんです。

なので、本誌・コミックスエピソードをふんだんに盛り込みつつ、パラレル仕様となりました。
お楽しみくださいねー。
  • 2017-07-22│21:09 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
ルールを守っておられる「ス/☆ビ」二/次サイト様、お付き合いあるマスター様と相互リンクさせていただいています。お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りさせていただきます。
(リンクはトップページにお願いいたします)

ようこそ

最新記事

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様