[Edit]

嫁ものがたり 14

こんばんは かばぷーです。

すっかり長くなっておりますね。
無事にお嫁さんゲットとなるか、今しばらくお付き合いいただけると幸いです。







「あのさ…一つ確かめたい事があるんだけど」
「はい、何ですか?」

沈黙に耐え切れず、クオンはずっと聞こうと思って聞けなかった疑問を初めてキョーコにぶつけた。

「キョーコちゃんは、どうしてアメリカにやってきたの?」





嫁ものがたり 14




「え…と、始めは社長の指示だったんです。先生の依頼がきたから、クオンの食事を世話するのと引き換えに、先生の演技指導を受けてみないか…って。」
「父さんの依頼?」
「はい。息子に健全な食生活をという事で…」

(やっぱり、食事事情しか聞かされてないのか)

「もう一度、先生の演技指導がどうしても受けたかったんです。来日された時、凄く先生が良くしてくださって、日常すべてが演技に繋がる事、役にのめりこむ充実感…演技する喜びを教えてくださったのが先生だったんです。」
「…そうなの」
「勿論、始めはそのような不純な動機でしたけれど、クオンの演技を見るとこれまた勉強になって…凄く…なんていうか勉強になったって言うか…あれ?日本語が変?」

てれてれと頬染めながら、グラスからちびちびとお酒を楽しむ風情は、可愛いに決まっている。
それ位、もう自分はキョーコから目が離せないのだという自覚が更に加速する。

「くす、勉強してくれたんだ。」
「はい!勿論!!…その、今回の映画でも妻としての心のあり方がつかめていたので、十分にのめり込ませてもらって、喪失感もありまして…」
「妻としての心のあり方?」
「う…側にいたいと思う気持ちというか…その…」
「うん、俺もそうだ。君が俺の妻役で良かったと思っている。凄く見守られている感覚があったよ。」
「本当ですか?」
「うん、本当。」
「良かったぁ…」

ホッとしたようなキョーコの表情は、それはもうクオンの理性を試すには十分すぎた。

「キョーコ…」

指先でスッとキョーコの頬を撫でた。
まんじりとも動かないキョーコの瞳の奥を覗き込んで、そのままゆっくりと顔を近づけ唇を重ねた。



………ちゅ…っ…

ゆっくりと唇を押し当て、啄ばむだけの柔らかいキスに、キョーコの目が潤んでいる。

「それは…どういう意味のキスですか?」
「……まだ、分からないの?」

「分かりません……」

キョーコの瞳から、ポトリ…と雫が落ちた。

「意味の分からないキスは…苦しいから、嫌…」

クオンはキョーコをゆっくりと抱き寄せた。けれど、キョーコの震えは治まらなかった。

「意味は、カクテルに込めたつもりだったんだ。」
「お酒に?」

「…そう。『君が魅力的』で俺は『熱烈な恋』を抱いているってね」

「…嘘つき…」

「噓じゃないんだけどな」

キョーコが蓮の腕の中で小さく首を振った。

「……じゃあ、改めて順番、教えて?」
「順番?」
「そう。君とどうにかなりたいなら、順番を守ってって言ったから…もしかして順番、間違えてた?」

そう、キョーコが自分で言ったのだ。
はじめは友達から、そして、思いを伝え合う事からだと。

思えば、クオンはちゃんとゆっくり近付いてくれた。
ちゃんと、自分を尊重してくれた。
いつも不安な自分の瞳を覗き込むように、ちゃんと心にノックしてくれていた。

…でも…


「あってるけど…だめ…」
「気持ちが伝わってるけど、だめってこと?」

「……だって…だめだもん。」
「どうして?俺はキョーコちゃんが好きだ。君も俺を好きなら抱きしめてキスしたいと思うのに、駄目なの?」

「だめ…怖い」
「怖い?俺が怖いの?」

ぎゅっと抱きしめる事を許されながらも、恋愛の恐怖心におびえるキョーコを攻略できずにいる。

「だめ!ふ…ッ…怖いの…。クオンがいつか自分の元を離れてしまうのが怖いの!」
「離れる事なんか…」

けれど、その続きが出て来なかった。
クオン自身も女性と長く続いたことなんかない。

「……無いと言える?言えないでしょう?もしそうなった時…私はこの愚かしい感情から逃れられない。自分さえコントロールできなくなる…だから怖いの…!」

ぼとぼとと大粒の涙を流すキョーコにかける言葉は見当たらない。

不安はクオンにだってあるのだ。
今まで、大事にしていると…恋愛をちゃんとしていると思っていたのにいつも振られた。
“私じゃ貴方の一番にはなれないのね…”と。
そう言われて何の迷いもなく別れて来た。そんな自分がちゃんとキョーコを愛し抜くことが出来るのか?そんなことは自信がなくて言えやしない。

………いや、本当にそうなのか?



違う

一つだけ確信を持って言える事がある。


「じゃあ、このまま別れて、キョーコちゃんは俺の事を忘れられるの?」
「そんな…」
「俺は無理だ。ずっとキョーコちゃんのことを忘れたことはなかったから。」

「…クオン?」

何のことを言っているのだろうとキョーコは思った。
出会ってから数ヶ月、それでずっとなんて言えるわけがないのに。

「あのね、昔、俺のことをこう呼んだ女の子がいるんだ。」
「……?」

「クオンでなく“コーン”……って」

「……コーン…?」

「そう、俺より四歳年下の小さな女の子と京都で遊んだ事がある。その子は俺のことをコーンと呼んだ。」
「それは…人違いじゃ…」
「彼女以外で俺の事をコーンと呼んだ人はいない。キョーコちゃん、間違いなく君だよ。」

初めてクオンの写真を見たとき、京都の川原で出会った妖精コーンだと思った。
キラキラと輝く金の髪。眩い笑顔。
けれど、それはクオン・ヒズリで、実在の人物で、妖精ではないのだとすぐさま否定されたのに…

「まさか、本当でクオンが…コーン?」
「うん、今まで黙っててごめん。その…ずっとキョーコちゃんが妖精だと信じてたから、言い出しにくくて…」
「っ!!」
「本当にごめん。騙すつもりじゃなかったんだ」
「酷い!」

「ごめん…けど、君に誓う事はできるよ。ずっと君の事を大切に思っている。昔も、今もね。」

自分を見つめるクオンの瞳はいつになく真剣な眼差しで、心の奥底まで覗かれて…キョーコの抑え切れない思いを暴かれそうになる。

クオンは怖がらせないように、キョーコの小さな肩をゆっくり引き寄せた。

「もう一度言うよ。君が好きだ。だから、君と…どうにかなりたい。お願いだから、もう…俺に堕ちて?」





(続く)

関連記事
スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

本誌の蓮さんにも、こういう押しを希望
おおっ( ̄□ ̄;)!!
くおん君、ぽてとの斜め上をいった〰〰((゚□゚;))
両片想いジレジレかと思いきや、ちゃんと漢(おとこ)を見せた〰〰っそして頑張って押した〰〰っ!!
えらいっ!それでこそ男やで!!

ぽてとはすれ違いは大好物ですが、いくべき時はいってほしい!!

押せ〰さあ押せ〰〰!
キョーコたんとどうにかなってまえ〰〰(* ̄▽ ̄)♡♡♡♡♡
  • 2017-09-06│20:10 |
  • ぽてとたべたい&ぽてとあげたい URL│
  • [edit]
Re: 本誌の蓮さんにも、こういう押しを希望
> ぽてとたべたい&ぽてとあげたい 様

ぽてしゃんの斜め上でした?うふふ。

でもね順番間違えてないかとか、結構臆病に、慎重にコトを進めていっているのでございますよ。
それは、もうまだるっこしいほどに!!なんてへたれなクオン君。(←自分で書いて何言うか!?)
本誌のみならず、こちらでもじれじれさせちゃっていましたけれど、ここいらで一応押してみました。
だって、やっぱり二次は押せ押せで行きたいもの!
だって、萌え補充だもの!

> 押せ〰さあ押せ〰〰!
> キョーコたんとどうにかなってまえ〰〰(* ̄▽ ̄)♡♡♡♡♡

本当に、どうにかなってしまえ~~~!!!(←もの凄く同感!)

いつもコメントありがとうございます♪


  • 2017-09-06│20:24 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
いえ〜〜〜い!!
> 押せ〰さあ押せ〰〰!
> キョーコたんとどうにかなってまえ〰〰(* ̄▽ ̄)♡♡♡♡♡

そうだ!そうだ!
なっちゃえ〜〜〜〜!!

かばぷーさん、ぽてとたべたい&ぽてとあげたいさんと共に、応援の雄叫びをあげたいと思います。

へたれないクオン君!!がんばれ!!
  • 2017-09-08│18:18 |
  • まじーん URL│
  • [edit]
Re: いえ〜〜〜い!!
> まじーん様

きゃ~!!ぽてしゃんについで、まじーん様からも応援メッセージ貰っちゃった♪
クオン君頑張れ!ヘタレるな!

お願いだから何とかなってくれ~~!!

…と言いたいところなんですが、ふおっふおっふおっ!
そうは問屋がおろしません!(←やたらと意味深)

後二話です。上手く事が運びますように。
コメントありがとうございました。



  • 2017-09-08│20:45 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
ルールを守っておられる「ス/☆ビ」二/次サイト様、お付き合いあるマスター様と相互リンクさせていただいています。お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りさせていただきます。
(リンクはトップページにお願いいたします)

ようこそ

最新記事

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様