FC2ブログ

それは受難か恩恵か 2

意外と…いや、かなり冷静な社さんです。






それは受難か恩恵か 2





「じゃあ、キョーコちゃん行こうか」
「はい、お願いします。社さん」

ぶっ…ククク

「笑わないで下さいってば!」
「ごっ…ごめん、けど、キョーコちゃん、これから蓮の演技をしてもらうからね。君も知ってのとおり、今の君は“敦賀蓮”だ。演技力もさることながら、芸能界でトップを張るLME の看板俳優。だから…頼むね?」

社がにっと笑うと、キョーコの…いや、蓮の眼がキラリと輝く。

「勿論です。演じきって見せますよ」

そう言って微笑む姿は紛れも無く“敦賀蓮”
流石、今新進気鋭の女優“京子”だと、社は自信ありげに眼鏡の奥の瞳を綻ばせた。

運転は社が担当した。
キョーコのマネージャー経験は一度や二度ではないし、当然のように蓮として彼女を扱うから、何も問題はない。
キョーコが敦賀蓮として演技をするには何も問題がないように見えた。

…ある2つの点を除いては…



「社さん、本当に誰もいませんか?」
「いないよ、大丈夫落ち着いて良いから」

「(ゴツン!)ぎゃっ…足が…(ガタン!)ひ~~ん!!!」

「れ…蓮?」
「大丈夫です!心配しないで下さい。もう終わります」

ジャーッ……

そう、一つ目はトイレ問題である。

勿論、キョーコに男性特有スタンドスタイルで用を足すスキルはない。ましてや社に聞くことでもないし、そんな姿を見た事もない。(ないわけじゃないけれど、どこをどうして取り出してとか云々かんぬん…)
そんな訳で個室を利用するのだが、やたらと長い脚は邪魔になるわ、壁に頭を打ち付けるは、散々な事になるし、紙で拭くのか拭かないのかどっちかさえ悩んだ。

「すみません、お待たせしました。」
「いいよ、行こうか」

一つ目は慣れの問題もあって何とか社に男性用トイレの前で見張ってもらう事でクリアした。だが、もう一つが問題であった。

「おはようございます。敦賀さん、まあ!今日はこちらで撮影ですの?」
「おはようございます。ええ、そうなんですよ」
「(女優の高村瑞樹さん)」
「高村さんもですか?」
「ええ!そうなの!」
「高村さん、折角声をかけていただいて申し訳ないのですが、今、敦賀は入りが押していまして…」
「まあ!そうなの?」
「はい、また声をかけてやってください。行こう、蓮」
「では、失礼します。」

にこやかにさり気にフェードアウトを促す社に助けられてはいるけれど、そこはやはり人気俳優。
キョーコの予想をはるかに超える人数…勿論男性のみならず女性からの声かけがある。
年配の大女優ともなると、ばっさりと切りすぎてもいけない。けれど、曖昧にさせすぎると後が怖い。

そして、撮影も大詰めとなった終盤、事件が起きた。

予定されていたキスシーン。

共演する女優が何度もNGを連発したのだ。
キスの手前で繰り返されるNG。キスに入る前から全く身が入っていない。
流石にこれにはキョーコもキレそうになった。けれど、敦賀さんがこんな時にどうしていたか覚えている。そう、彼は演技に真摯に取り組む人には極めて紳士的に対応していたのだ。若干冷たい時があるにしても…だ。
ふう…と溜め息をついて、キョーコは女優に声をかけた。

「君…本気で役に取り組んでる?もしそうなら、俺に本気でぶつかってきてご覧?でも、そうじゃないなら…」
「…そうじゃないなら…?」
「役を降りることだね。」

敢えてこんなふうに突き放してみよう。でも告げた後の表情はにこやかに…

「敦賀さん!10分…、5分だけ時間を下さい!立て直してきます!」
「ん、頑張っておいで」

キョーコより年上の…キャリアも長い女優さんだが、そう言って断言する姿はやはり女優魂を感じざるを得ない。
けれど、頬を染めた彼女を見てキョーコは思った。

(………やっぱり、蓮さんの人タラシ!)

彼女の後姿を見送った振り向き様、いけないと思いつつも心の中では悪しき表情がでたことを社は見逃さなかった。

「はい、不合格。蓮、顔を直して」
「はっ…す、すみません」

「ん…まあ、分からなくはないけど、あいつはどうしてもそうだから。許してやって?」

「分かっている…つもりなんです。敦賀さんが優しくて厳しいって…けど…」
「うん、分かるよ。だから君はちゃんと今“蓮”になってた。」
「なって……いましたか?」
「うん、大丈夫。自信持って。」

ホッと表情を緩ませて、撮影に戻った。
幸い女優は演技を建て直し、その後はNG無しだった。
蓮として女優にキスするなんて複雑だったが、でもキョーコだってどんな役でもこなす女優を目指してきた。それこそ打倒!敦賀蓮を目指して。だから、俳優・敦賀蓮として、劇中の役を静かに憑けた。

楽屋に戻る途中、例の女優が声をかけて来た。

「敦賀さん、今日は本当にありがとうございました!」

ペコリと挨拶を姿は微笑ましく、明らかに好意の表情を浮かべている。

(こんなに可愛くてきれいな人が、こんなに分かりやすい表情をしているのに、いつも蓮さんは見ていて何も思った事はないのかな?)

流石に他人の、特に女性の機微が分かるようになった今、不安だけが増長する。
蓮として感じる女性の柔らかさ、美しさ…貴島ではないけれど、本当にいい匂いがして柔らかくて抱きしめたくなる瞬間があるなんて思いもよらなかった。まあ、モー子さんほど綺麗な人になら、いくら元のキョーコであっても興奮するのは間違いないのだけれど…

「あの…敦賀さん?」

首をかしげてこちらを見る女優にはっと我に返った。

「あ…ごめん。ちょっと見とれてて…」

その瞬間、しまったと思った。
うっかり…ついうっかりと口を滑らせた。
みるみる相手の顔が赤くなり始める。

「うん、そういう表情ができるなら明日は大丈夫そうだね。じゃあ、これで失礼するよ。お疲れ様」

上手いフォローも見つからないまま、さっと荷物を持って楽屋を後にする。
出来るだけ彼女の姿を見ないまま社さんだけに声をかけて、キョーコはスタジオを後にした。


事務所に向かう帰りの車の中は、重い空気に包まれた。

「あの…社さん……」

困ったようにキョーコが口を開くと社はチラッとこちらを見て溜め息を吐いた。

「……不味いね」
「すみません……」

「…いや?何が不味いって…彼女の事じゃない。アレくらいいつもの事でどうにでもなる。大体蓮に微笑まれて堕ちない女性は滅多にいないからね。…けど、不味いのはキョーコちゃん、君だよ。」

「私?」
「そう、さっき蓮の事を疑ったでしょ。君と出会ってから数年、アイツはキョーコちゃんのことしか視界にない。それこそ…見ているこっちが照れくさくてじれったくなるほどにね。それ…知ってたでしょ?」

グッ…と息が詰まった。

“知ってたでしょ?”の言葉がキョーコに圧し掛かる。そう、知っていた。教えてもらっていた。分かっていた。
けれど、疑ってしまった。
蓮の身体にある熱が男性特有のものだと、自分の感覚とは違う蓮の感覚が女性に対して鋭くなるのだと…それが本当に自分にだけ向けられているものかと疑ってしまった。

「ごめんなさい」

嫉妬ともいえる男性の性に対する疑惑
間違いなく蓮の事を疑ってしまったと確信する。

「社さん…すみませんでした。」
「ん…?こっちこそごめんね、つい蓮の姿だから言い過ぎた。…あいつの事、信じてやって。」

クールなマネージャーは気まずそうに、前を向いた。




(続く)



トイレ問題って、深刻な気がします…(汗)

関連記事
スポンサーサイト



Pagetop

トラックバック

コメント

こんばんは(^^)
社さんナイスなご指摘です👍
蓮さんの本気を付き合ってからも疑ってはいけませんね。
さすが有能マネージャーです☆

トイレ問題…恋人同士で良かったですねぇ(笑)
未満なら蓮さん鼻血出してたりして…😀
キョーコちゃんは、これなにぃ!!!って発狂しそう(笑)
キョーコちゃんも人が寄ってきそうだから、ヒヤヒヤしそうだな…
夜はどーするのかな?怪しい夜になるのかしら?グーフーフー(*´艸`)

更新ありがとうございました☆
Re: こんばんは(^^)
> じゅんこ様

本当ですよね~~。付き合ってからでよかったです。
ま、付き合っていなければ、こんな奇想天外な事が起こり得るわけがないんですけど、もし付き合っていない時にこんな事が起きたとしたら…ぷぷぷっ!!それはそれで、楽しいお話になると思います。(書けそうにないほどに)
蓮さんも、付き合っていないキョコさんの身体を見て、どんな反応を示すんでしょうか?これはコレで、怖いなあ~。
妄想膨らみそうですよ♪
コメントありがとうございました。
  • 2017-09-30│21:22 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
流石に演技派の役者二人。
お仕事のほうは問題なくこなせそうですね。

しかし、すでに関係したカップルの場合お風呂や着替えはまあ良いでしょうけど、お手洗いだけはちょっと恥ずかしいとかをこえたものがありますよね。ヾ(´▽`;)ゝ

男女の体の仕組みについては、互いを深くしるためにも、役者としても良い経験になりそうですが...

キョコさんはモテモテな蓮さんとその群がる相手のレベルに悲しくなっていたみたいですが、蓮さんのほうはどうだったんでしょうね。( ̄∇ ̄*)ゞ

続きも楽しみにしてます。
  • 2017-10-02│15:47 |
  • まじーん URL│
  • [edit]
Re: 流石に演技派の役者二人。
> まじーん様

はい、お仕事のほうは何とか無事に過ごせそうですね。

お手洗い問題…この妄想がぼむっと出た時に、胸とトイレ問題が浮かびました。
体を触るくらいは勿論出来そうですけど、実際にトイレ…う~~ん、困ったになりそうですね。
だけど、身長の高さから言って、今までみた事がない視界が広がりそうで、一度でいいから蓮さんになってみたい私です。
  • 2017-10-03│21:40 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
お付き合いある「ス/☆ビ」二/次サイト様、マスター様のリンクをいただいています。リンクをご希望の場合、お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りいたします。

Attention!
The all of this are NOT related with the Author and/or the Publisher. Not allowed to permit from all illegal actions by the website rules. No reproduction and/or republication without any written permission from blog author and/or web site owner.
Each blogs has the copyright after publication showing on the web site and each web page by the author.
注意!
この中の全ての物は、原作者及び出版社とは関係ありません。
ウェブサイト会社規約、全ての違法行為を禁止します。著作者の許可なく摸作・転作などの行為を禁じます。
各ウェブサイト又は各ブログ執筆者により書かれた、もしくはデザイナーに描かれたそれらの創作作品は、公共へ配信された時点で著作権は著者が所有しています。 

ようこそ

最新記事

カテゴリ

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様
ぽてとあげたい様
ぽてとは揚げて食べたいな