FC2ブログ

任務 1

皆さんこんばんは!かばぷーでございます。

まじーん様のリク罠リスト&逆引きドボン作品記録<7>に収納の
【リク罠199】パラレル「任務(仮)」

にドボン予約をして、早○ヶ月…満を持して(?)ここにお届けいたします、パラレル「任務」(←そのままタイトルいただきました!)
ちょっと長めの全10話、妄想が溢れて番外編2話をお届けいたします。
珍しくサブタイなんかつけてみちゃったりして…今回の設定は直接まじーん様のサイトでご覧下さいませ。

いやはや…どうして、どうしてこんなお話に…なんていわないで下さいませ?
頑張って書きましたのよ。(おーほほほほ!)
そして、なんだかあるお話となんとなく似ているような…ええ、大好きな小説(漫画にも映画にもなってますが)を、ちょっとだけ意識してございます。
もし分かった方があっても、秘密にしてくださいね。(恥ずかしいから!)

では、これから火・土の更新と相成ります。どうぞご覧下さい。









「最上さん。今日、俺と相手して?」
「ちょっと待った!俺と組んでくれるって先週言ったよね?」
「僕もお願いしたいな。二人の後でいいから相手して欲しいんだけどな。」

「えっ…?」

最上キョーコは柔道場で同期の新人たちに声をかけられ、素っ頓狂な声を上げた。

「何だ何だ~?最上、えらく人気があるじゃないか。調子に乗るなよ?」
「村雨先輩!大丈夫です。調子になんか乗ってません。皆さんがお相手してくださるのなら嬉しい限りです!」
「大きく出たな。おい、お前ら下がってろ、最上、俺が相手だ。今日こそはけりつけてやる!」
「はい!望むところです!」
「まあまあ、そんな二人とも熱くならずに…とりあえず、キョーコちゃん、先に俺とやってみよう。」
「光っ!ずりぃぞ!俺が先だって!」
「そんなこと言って、先週もお前が相手してたんじゃん。」

ぎゃあぎゃあと誰がキョーコと相手をするかと揉めるのは、班で一緒に活動している村雨泰来と石橋光だ。

「あ~~、じゃあ光先輩、先にお願いします!村雨先輩とは次で!」
「何でだよ~~!!」
「よし!じゃあ、お願いします!」

道場の中央に立ち、石橋とキョーコが礼をするのをみて、近くで見ていた上官、社が声をかけた。

「相手は決まったのか?じゃあ光、キョーコちゃん、準備はいいな…はじめっ!」





任務 1〈彼女ハ、有段者ナリ〉





「いでっ…いででででで~~!!ストップ!ストップ!」
「どうですか?ギブですか?」

石橋光に腕ひしぎ十字固めをがっちり決めた最上キョーコは、ふふふん…と楽しそうに、腕を引っ張る。

「ギッ…ギブ!参りました!」

光はバンバン!と畳を叩いた。

「ふう!やったぁ!今日も勝ちです♪」
「強過ぎだよ…痛ててて…」
「すみません、光先輩、大丈夫ですか?」
「うん、大丈夫。ア~~、もう、肩無しだ…。」

「光、次はお前の得意な空手で勝負すればいいと思うが、こう研修生にやられてばかりじゃ困るな、柔道が苦手なのは前からだけどね。」
「すみません…」

社は、水分補給をしているキョーコを見やった。

「キョーコちゃん、結構やるよね。」
「ですよ。俺なんか歯が立ちませんもん。可愛いのに…ちょっと悔しいなぁ。」
「何?やっぱり悔しい?」
「悔しいッすよ!当たり前じゃないですか!年下で、しかもまだ研修中だってのに、副班長だって、いい筋してるって褒めてたじゃないですか!」
「まあ、そうむくれないで。光には光のいいところがあるんだからさ。」
「柔道では村雨にも勝てないし、さっきもキョーコちゃんに一本取られたし…ホント、畳の上はむいてない。」

社は、一人ぶーたれる石橋光にぷっと吹き出した。

「社副班長~~!笑うなんて酷いっす!キョーコちゃんが強すぎなんです。」
「ははは、違いない。じゃあ、次は泰来が相手な。」


会社の道場でのトレーニング。この会社では、修練の時間が義務付けられている。
柔道、剣道、空手、レスリング、陸上…いつも、身体のコンディションを最適に保ち、いざという時にすばやく対応するためだ。

何故、すばやく対応する必要があるのか?
実はこの会社は、護衛に関しては大手の警備会社JPSS(ジャパン・プライム・セキュリティ・サービス)という会社である。
主に要人警護を中心業務として大きく成長した企業だ。

この春、入社したばかりの新入社員は、3ヶ月の一般基礎研修を終えて、3ヶ月ごとの実務訓練に入った。今、実務訓練で二つ目の部署に移動したばかりの最上キョーコは、今年の新入社員の一人である。

ここに勤務する社員の多くは体育会系だ。
体育大学出身者や自衛隊を除隊したもの、村雨のように昔ヤンチャしたものもいれば、社や光のように情報系であるけれども、武道や格闘技の有段者といった顔ぶれがならぶ。
会社内は総務部・警備部・護衛部に別れており、業務成績によって格付けがなされ、手当ても変わる。

最上キョーコは現在シングル・スター、警備部・護衛部の中では一番下っ端。
実績と信頼度が上がるほど星が増え、フォー・スター以上が各部内の実務班をまとめる資格を有する。そして、ファイブ・スターと呼ばれる、星が5つ付いた襟章が、ボディー・ガードとして尤も優秀なスペシャリストの証である。
勿論営業や事務的な業務を行う社員も多くいるが、警備・護衛部に所属する社員のほとんどは護衛のスペシャリスト、即ち5スターのボディ・ガードを目指して、研修・訓練に励んでいるのである。


そんな実務研修中の最上キョーコは、畳の上で次なる練習相手の村雨と睨みあっていた。

「じゃ、お二人さん、怪我しない程度にね。……はじめっ!!」

社のその声に、村雨はぶわっとキョーコに襲い掛かる。
どちらかというと実戦的なケンカ戦法で責めてくる村雨。その村雨の組み手を嫌うが、撥ね退けた筈の手が次々と素早くキョーコに伸びる。
上背もある村雨に奥襟を取られたら、一溜まりもないキョーコは防戦一方だ。

「おいこら!ちょこまかと…」
「ふっふーん!逃げるのも勝負の内ですもん。」
「このっ!こらっ!待ちやがれっ!」

ぐわっと伸びてきた手首に隙が見えた途端、キョーコの目はそれをスローモーションのように捉える。油断した手首を掴んで流れるように懐に入った瞬間、ふわりと村雨の身体が浮いた。

ズダーン!!

「一本!それまで!」

「ありがとうございました!」
「…ッたぁ~…こらッ!お前、柔道っぽいけど、今のは合気道MIXだろうが!」
「あや?そうでした?」
「そうでした?じゃねーだろー!」
「だって、実際の現場では何でもアリだって松島部長が仰ってましたもん♪村雨先輩だってケンカ柔道じゃないですか。」
「はあ?最上!おいっ!待ちやがれ!!」
「お生憎様です~!待てって言われて待つ人間いませんよ~」

おほほほほ~~と、道場内を軽やかに逃げるキョーコと追う村雨に、社が溜め息をついたところへ、柔道着を身に付けて道場に現れた人影…

村雨から逃げ惑っていたキョーコは、前に振り向き様、その人物の胸元に顔から突っ込んだ。

「わっぷ!」
「こら、道場内では走らない。」

大きな手がやんわりと肩を掴んで、キョーコを真っ直ぐに立たせた。

「ひゃ…ひゃい!すみません!班ちょ~」
「班長!」
「敦賀班長!」

キョーコが鼻をさする中、慌ててキョーコを追いかけていた村雨がピシッと立ち止まり、光も一際大きなシルエットの男性の側に駆け寄った。
その男は現在の研修先である敦賀班・班長の敦賀蓮だ。

「蓮、打ち合わせ、終わったのか?」
「ええ、遅くなりました。ところで社さん、これは、何の騒ぎです?」
「ああ、キョーコちゃんと組みたくても滅多に組ませてもらえない若いもんが、組んだ途端にあっさり投げられて、納得いかずに追いかけまわしているの図。」

「何だ、そんな事?」
「う~ん…そんな事でもないんだな。光と泰来が続けて負けてる。」
「へぇ、それは凄い。」
「まあ、他の班の野郎がキョーコちゃんと組みたがる思惑も若干透けて見えるけどね、女子だと侮ると痛い目を見る。そう簡単に組める相手じゃない。」

「なるほど、じゃあ、俺が相手しようか?」

周囲がざわっとどよめいた。

この時間に道場に来ているのは、1つの班だけではない。個人的に練習に来ているものもあるのだが、何せ、敦賀班の班長自ら道場で手合わせをするというのは珍しいのだ。

なぜなら彼は“ファイブ・スター”

それゆえ、蓮をリスペクトして止まない村雨や他の社員たちは、班長自ら相手をしようと告げたキョーコを羨望の眼差しで見つめた。




(続く)
関連記事
スポンサーサイト



Pagetop

トラックバック

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017-11-11│20:47 |
  • [edit]
Re: 映画は…ですが
> harunatsu7711 様

こんばんは~!残念ですが、はずれです。
何だろう…とこっそり楽しんでくださいね。

では、続きもお楽しみくださいませ。
  • 2017-11-11│20:52 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
お付き合いある「ス/☆ビ」二/次サイト様、マスター様のリンクをいただいています。リンクをご希望の場合、お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りいたします。

Attention!
The all of this are NOT related with the Author and/or the Publisher. Not allowed to permit from all illegal actions by the website rules. No reproduction and/or republication without any written permission from blog author and/or web site owner.
Each blogs has the copyright after publication showing on the web site and each web page by the author.
注意!
この中の全ての物は、原作者及び出版社とは関係ありません。
ウェブサイト会社規約、全ての違法行為を禁止します。著作者の許可なく摸作・転作などの行為を禁じます。
各ウェブサイト又は各ブログ執筆者により書かれた、もしくはデザイナーに描かれたそれらの創作作品は、公共へ配信された時点で著作権は著者が所有しています。 

ようこそ

最新記事

カテゴリ

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様
ぽてとあげたい様
ぽてとは揚げて食べたいな