FC2ブログ

続・嫁ものがたり5

こんばんは

クオン君が社さんに相談中…
入浴中のキョコさんの心境です。








続・嫁ものがたり 5




キョーコは浴室で、曇った鏡の中に映る自分をまじまじと見つめた。

「む~~ん、やっぱり貧相なものは貧相なのよ。これはどうやっても誤魔化しきれないのよね。」

胸を寄せて上げて谷間を作ってみても、手を離すとすぐにいつもの位置に戻る遠慮がちなバスト。
くるりと振り向くと、むっちりと太い腿の上には小さくて平坦なお尻。くびれが殆ど存在しなくて、平べったいおなかは肉感ゼロ。
うふん♪とポーズを作ってみるも、まるで電信柱がしなを作っているみたいで、セクシーかといわれるとコメントしたくなくなる。

「う~~!!最上キョーコ!いつまでも駄目じゃない!これはこれ!私は私!」

そう言って鼓舞する自分に余計に呆れてダメ息をつき、乳白色の湯船に入った。
ちゃぷちゃぷと湯船を揺らしながら、ぼんやりと思い浮かべる好きな人…

クオン・ヒズリ

髪の毛はキラキラでサラサラのプラチナブロンド。
瞳の色は吸い込まれそうなミスティック・グリーン。
それを縁取る切れ長の目の周りにはやたらと長い睫毛がバランスよく生えて、眉毛はキリリ、鼻筋は真っ直ぐ、唇も薄いのにふんわりと柔らかい。その唇が触れる度に、頭がぼ~~っとして…

「………はっ…!!やだ!!破廉恥よ~~!!唇が想像以上に柔らかかっ…いやっ!何だかいつも生々しくて…ぎゃん!!思い出さないの!!」

そんなお顔だけでも見とれてしまうと思うのに、声だって低いくせして甘く囁くように耳に届いて…

『キョーコ…愛してる…』

「ぐわあぁぁぁっ!!!キョーコ、だめだめ!心臓に悪いわよ!」

身体だって…9頭身?もしかしたら10頭身もありえるかもと思える小さい顔にあれだけのパーツがぎゅっとつまってても嫌味じゃないし、腰とお尻は引き締まってて足はやたらと長いし、指先はつめの先までぴかぴかで綺麗だし、そうかと思えば上半身は胸板が厚くて上腕も太くて、とにかく全体の筋肉のつき方のバランスがよくて立派で、チラリと見える鎖骨もセクシーで綺麗で、ふわっといい匂いがして…

「はうわっ…!!何思い出してるの!?抱擁、ぎゅう…の感覚を反芻しない~~っっ!!」

ぶくぶくぶく…と、一人で勝手に赤くなって顔を湯船に沈めた。


(…分かってる…のよね。
   もうどうしようもないくらい、クオンが好きな事くらい…。)


クオンに抱きしめられると、何も考えたくなくなる。
クオンの腕の中は心地よくて、幸せな気持ちになる。

確かに、初めて撮影以外で口付けたあの晩、生理中である事を告げた時に、クオンが生理中でも構わないって言った風に聞こえて、驚いて腰が引けた。

「そりゃそうよね…クオンは経験豊富だろうから、女性の月のモノにも動じないんだわ。社さんだってそうだもん…大人の男の人にとっては何でもない事なんだろうけど、恥じらいってもんがあるじゃない…」

そして、クーの屋敷でキスを求められた時にも、気持ちが…凄く良くて、先生のお宅でも良いかなあ~…という気には一瞬なった。

けれど…

「あれはっ…!!絶対反則!指先をな、な…舐めるなんて、それでもって、あんな夜の帝王で迫ってくるなんて!経験なんてあるわきゃないでしょ!!どう反応していいか、分からないに決まってるじゃないの!」

そして、まざまざと知ってしまった。
いや、違いを見せ付けられたというべきか。

クオンは経験値も高い。
 …けれど、自分は何も知らない…

クオンは凄く素敵。
 …けれど、自分はとても隣に立てるような華やかな人間ではない…

クオンは…

キョーコはぶるぶると頭を振った。

クオンはきっと綺麗で魅力的な女性を何人も知っている。そして、その腕に閉じ込めてきたに違いない。
クオンを好きだと思う一方で、一体何故クオンは自分を好きなのだろうとか、愛していると言えるのだろうとか、こんな自分の一体どこが良いんだろう。という疑問が沸き上がる。

(もし…もしも、一線を越えた時、明らかにクオンの態度が違ったら?この貧相な身体にがっかりされたら?)

そんな不安ばかりが不意にキョーコの意識をのっとる瞬間があることを、最近富に自覚している。

クオンの気持ちが信じられないわけではない。
正直なところ、順番を守って欲しいなんてそんな面倒くさい女…自分だってごめんだ。
それなのに、クオンはそれを気にしてくれたし、守ろうとしてくれた。その上、自分の気持ちが整うまで待つと…それほどに大切にされていると思える。
小さい頃だって、泣いている自分の頭を優しく撫でてくれて、気持ちが落ち着いてから『どうしたの?』なんて、そんじょそこらの十歳に出来るとは思えない…。

「結局、小さな頃から女っタラシ…なのよねぇ…多分。」

そういうのをフェミニストというのだが、それはキョーコの頭にはないようだ。
だからこそ、余計に待たせた分、期待させた分、自分がクオンをがっかりさせてしまうのではないかと不安に駆られてしまう。

「大体ねえ、おとぎ話にでてくる王女様たちは揃いも揃って可憐で美しい設定なのに、どうして今までそれに気付かなかったのかしら。クオンみたいな王子様に告白されて、体型がどーのこーの、王子の女性遍歴がどーのこーの思うなんて、知らなかったわ。現実にはそういうのも大事だって教えておいて欲しいわね。」

気持ちのやり場がなくて物語に悪態をついてみる。

でも、やっぱりクオンが好きだ。
自分で自分を愚かしいと思う。

どうにかして欲しいのに、どうにかして欲しくなくて…
離れていても会いたいのに、触れられると怖くなって…
キスも、ハグも凄くうれしいのに、急に不安になって…

―――お願い、捨てないで…

本当に自分は愚か者になってしまったのだ。
演技中にクオンのことを考えて、他の女性たちとの過去に嫉妬して不安の渦に押し流されて、ドツボに嵌ってしまうなんて女優として失格だと思う。

「(……………!!!)」

社さんがリビングで何か叫んでいるような気がする。あの二人が一緒に飲んでるなんて珍しいけど、一体何を話しているんだろう。

「あ~あ、社さんには絶対変に思われてるだろうな…」

自分の挙動不審に社が気付かない筈がない。

クオンは自分がその気になるまで待つと言った。
待ってくれるのはいいのだけれど、いつまで待ってくれるのだろうか?
もしかして、いくら待っても平気なくらい、自分には魅力がないのではないだろうか?
やっぱりこんな地味で貧相な身体なんて、興味が湧かないに決まっている…
そしたら、きっと他のきれいな女優さんに目移りしたり?
ほとほと自信のない自分に呆れたり?

ああ、でもクオンは待つって言ったもの…だけどそんなに男の人って待てるものなの?待たせても平気なの?
さっきのオファーの話だって、凄く嬉しかった。それは間違いないこと。
けれど、次々に共演する美しい女性たちと比べられるの?比べられる対象になり得るの?
比べられたとして…勝てる自信なんてないに決まっている。
クオンのことがこんなに好きなのに、上手に表現できない。気持ちを表して、もし嫌われたらと思うと、もし、がっかりさせたらと思うと、勇気が出ない。そんな自分が嫌で嫌で仕方がない。

―――お願いだから、見捨てないで…


…ほら、やっぱり今日も堂々巡りだ。



もうすぐ茹で上がりそうな赤い顔を両手で覆う。

「クオン…好き…。大好き…なのに勇気が出ないの…。お願いだから、嫌いにならないで……。」

顔を覆った手の下から、涙がこぼれた。




(続く)
関連記事
スポンサーサイト



Pagetop

トラックバック

コメント

順番××
も~ーー。
クオンさん、キョーコさん、順番気にせず、とっととステップアップしちゃってください!って思いました。

4での社さんの叫び声は入浴中のキョーコさんの耳に届いていたのですね。

キョーコさん、自信もって!と応援してます。
  • 2017-12-21│20:58 |
  • harunatsu7711 URL│
  • [edit]
ぐるぐるキョーコちゃんカワイイ♪
小さい頃から女ったらしに笑ってしまいました。
10歳であのフェミニストぶり、ありえない〜と私も思います(笑)。
  • 2017-12-21│22:32 |
  • めぐミン URL│
  • [edit]
No title
キョーコちゃん、可愛い。

クオンは、そんな風にキョーコちゃんが悩むとか思いもよらないでしょうね。さあ、頑張れ。でも、どう頑張るか、、だよね。



  • 2017-12-22│07:48 |
  • ありす URL│
  • [edit]
Re: 順番××
>harunatsu7711 様

本当にねえ、ちゃんと両思いなのに、嫌われたくないって臆病になりすぎなんですよ。
もっと欲望に忠実に…(←何気に煽っております)

順番とか、遠慮とか、そういうのを取っ払う事が大切なんですよね。
  • 2017-12-23│10:00 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
> めぐミン様

ぐるぐる~ぐるぐる~!
回りまくっていますよ。まるで洗濯機の渦のようです。(これがある意味敦賀の坩堝なのかしら?)

そして、「どうしたの?」っていう、あの胡散臭い(←!?)少年クオンの笑顔に、女タラシでスケコマシ~~!!な一面を見出したのは、私だけではないはず…。そりゃ、年端も行かないお嬢さまはイチコロよね。
お付き合いくださり、ありがとうございます。
  • 2017-12-23│10:04 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
Re: No title
> ありす様

全く…二人して勘違いも甚だしいですね。
こんなすれ違いは実は書くのは苦手な方です。(私、直情型なので!)

さあ、どんな風にこれから対策を組み立てていくのかは、もうちょっとあとですね。
どうぞお楽しみ下さい。

  • 2017-12-23│10:07 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
キョコさんはやはり自信がないんですね〜
まあ、豊満バストで全身の肉付きもそこそこないと、ボンキュッボンにはなれないですからね〜。

日本人女性としてはチビじゃなくとも、欧米人と並べば160センチ前半は大きくないし、細身で華奢なタイプの女性はお肉がない分、ウエストもないし、体が薄いし胸もお尻もない…いわゆる少年体型ですものね〜。

でも、キョコさんは足までガリガリじゃなく、適度にむっちりしてるし、お肌もキレイ!

胸がない欧米女性もたくさんいるし、業界女性は化粧化けしてあたり前。

自分の武器を肯定的に捉えることができたら、女優としてもさらに磨かれそうなキョコさんは変えることができるんでしょうか。

続きも楽しみです。

  • 2017-12-27│20:44 |
  • まじーん URL│
  • [edit]
Re: キョコさんはやはり自信がないんですね〜
> まじーん様

キョコさんの自信のなさは折り紙つきでしょうから!
でも、ただのモデル体形ではないというところがミソなんですよ。
むっちり太腿…って所がね。きっと、本人が気にしているほどぺちゃパイじゃないですし、基本の骨格が細いんですもの。こればかりは気にしても仕方がありません。
さて…自信をつける方向に行くのでしょうか?それとも…です。

続きもどうぞお楽しみ下さい。
  • 2017-12-28│16:19 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
お付き合いある「ス/☆ビ」二/次サイト様、マスター様のリンクをいただいています。リンクをご希望の場合、お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りいたします。

Attention!
The all of this are NOT related with the Author and/or the Publisher. Not allowed to permit from all illegal actions by the website rules. No reproduction and/or republication without any written permission from blog author and/or web site owner.
Each blogs has the copyright after publication showing on the web site and each web page by the author.
注意!
この中の全ての物は、原作者及び出版社とは関係ありません。
ウェブサイト会社規約、全ての違法行為を禁止します。著作者の許可なく摸作・転作などの行為を禁じます。
各ウェブサイト又は各ブログ執筆者により書かれた、もしくはデザイナーに描かれたそれらの創作作品は、公共へ配信された時点で著作権は著者が所有しています。 

ようこそ

最新記事

カテゴリ

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様
ぽてとあげたい様
ぽてとは揚げて食べたいな