FC2ブログ

続・嫁ものがたり11

この11話を書き始めた時、それはそれはもの凄く危険物的なお話になりそうでした。

違~~う!!と思い返した結果、無事に別の作品になりました。
初めのほうは、本当に後悔しかないほど公開不可な感じ。

無事に収まって良かったとしか言いようがありません。

では続きよりどうぞ。







(全く…なんて娘なのかしら…)

オルガはタバコをふかしながら、ぱったりと机に伏せてむにゃむにゃと頬を緩ませるキョーコをまじまじと見た。

「確かに…役と本人は驚くほど別人なのよね、それにまさかこんな風な娘だとは思ってもみなかったわ…」

ツン、ツン…とキョーコのほっぺたをつつくと「クオン…好きぃ~」と呟いてふにゃける。

「まあ、お肌つるつる。若いっていいわね。それにしても日本人の肌質ってどうしてこんなにきめ細かいのかしら?嫌味よね。」


ドンッ!ドン!ドン!ドン!


「あら、ナイトのお迎えのようね。」

オルガは優雅に、そして妖しく微笑んでトレーラーのドアを開けた。




続・嫁ものがたり 11





クオンはパーティ会場を出てすぐにオルガのトレーラーを割り出し、乱暴にドアを叩いた。

「ハーイ、クオン。どうしたの?そんなに怖い顔をして。」

そこには、怒りを顕わにして凶暴な目つきをしたクオンが立っていた。
白々しく微笑むオルガに鋭い眼光を向ける。

「キョーコはどこ?…中に…いるよね?」
「あら怖い、勿論いるわよ?」

オルガはうっそりと笑って、中を指し示した。
押しのけるようにコンテナの中に入ると、タバコと…すえたような匂いがした。

「キョーコ!?」

テーブルの上に伏せたキョーコの肩を抱き起こすが、まるで意識がない。

「キョーコ!しっかりして!」

クオンは慌ててキョーコにジャケットをかけて抱き上げ、トレーラーの外に連れて出た。
すぐ近くで同じように怒りのブリザードを発していた社と目配せし、社は頷くとキョーコを抱き上げてキョーコをその場から遠ざけた。

「一体、キョーコに何をした。」
「そんなに怒らないでよ。ちょっと話をしていただけ。」
「話…?」

ニヤリ…とオルガの口の端が歪む。

「何をしたと聞いているんだ。」



「何を…ねぇ………?」

タバコをゆっくりと燻らせるオルガの姿に、クオンの怒りは頂点に達するかと思われた。




「プッ…ククククッ…!…なあに?クオン、その顔!」

「!?」
「クククッあなたっ…本当に凄く…!!あはははははっ…!」

突然腹を抱えて笑い出す主演女優に違和感を覚える。

「何が…可笑しい?こっちは全く笑えないんだけど。」
「そっ…そうね、ごめんなさい…調子に乗っちゃったわ、そんなに怒らないで。全く…京子に調子を狂わされちゃって…」

ひーひー…と、美人女優らしからぬ今まで見たこともないその笑い方に眉をしかめ、冷ややかに見下ろしながらも、次の言葉を待った。

「あなた…京子のことを、本当に大切に思っているのね。それともそういう趣味だったの?半年もっ…付き合ってて半年もっ…!キスとハグしかさせて貰えないのに付き合い続けるだなんて!しかも一緒に住んでて!ぷはっ!何っっって不憫な!あはははははははっ!!」



「………………………え?」

「そりゃ、京子みたいな初心な娘を相手にしてたらそうかもしれないけれど、彼女だって女なのよ?子供じゃないのよ?あなたそれ、全く分かってないじゃないの!あははははははっ!嫉妬もするし、欲情もするのに!!クオン…ダサっ…あははっあははははっ!!!」

「………は?」

「ダサいわよ!好きな女もモノにできないだなんて、格好悪いッたらありゃしない!もの凄~~くイメージダウンね!あはっ!あははっ!あはははははは~っ!!」

もう、間抜けな声しか口からでてきそうにない。
毒気を抜かれるとはこのことだ。

「ぷふふふふっ…!…本当は意地悪するつもりで呼んだのは確かなの。それは謝る。けど…話をしてたら…なんだか、いろいろとどうでもよくなっちゃって…!」

涙を拭きながら、オルガが告白した。

「ちょっとだけあれも使ったの…気付いてるわね。直接じゃないけど、初めてであまりに効きが良すぎたみたい。そしたら…京子のいろんなトコがぶっ飛んでて、いろんな悩みが聞けて、凄く楽しかったわ。この歳になって…35歳をとっくにすぎてから手放しで褒められるのも、まんざら悪くなかった。あんまり可愛すぎて、国に連れて帰りたいと思ったくらいよ。」

「オルガ、まさか…君…」

「ふふ♪正解♡ 本当にキョーコが可愛いから、クオンより可愛がってあげられる自信があるわよ?ああ~~…キョーコを手に入れられないなんて、凄く残念~~♪。」

肉食女優の突然のカミングアウトに、がっくりとクオンは肩を落とした。

「キスだけで我慢してあげたわよ。感謝して頂戴♪」

「キス……したんだ?」

「あら、それくらいいいじゃない!了見の狭い男は嫌われるわよ?全く…最近、女の子とはご無沙汰にしてたのに、この私をその気にさせるなんて、本当に凄い娘ね。しかもお説教されちゃったわ、私の依存体質云々について。だから、キョーコが目を覚ましたら、謝って…ありがとうって言っておいて?」

まさか、キスを奪われているとは思わなかったけれど…相手が女性ならば、我慢せざるをえないと思うのはなぜなんだろう?
クオンははぁ~~~っと、顔を覆って大きな息を吐いた。


「…そうするよ。」

「(クオ~~ン!助けてくれぇ~~!!)」

遠くで社が叫ぶ声がする。

「ああ!早く行ってあげなさいよ。それと…今晩、彼女と試してみたら?いろんな意味でぶっ飛んじゃって、目くるめく世界が広がるかもね?余計なお世話かしら?」

「………いや、遠慮しておく。」

「ふふふっ、そう言うと思ったわ。ねえ、クオン、キスしていい?」
「共演者としてなら。」
「ふふ…ありがと。ワールド・プレミア、楽しみにしているわ。それと、ジャパン・プレミアもね?」

軽く頬にキスを交わすと、オルガはひらひらと手を振ってクオンを見送る。
挨拶もそこそこに、クオンは社とキョーコの元へ真っ直ぐに駆けていった。




「社さんすみません、お任せしたままで。」
「キョーコちゃん!しっかりして!お兄ちゃん、本当に困るからぁ~~!」

トレーラーに向かう途中で膝の上にキョーコを降ろした社が、困ったようにクオンを見上げる。

「ぷっ…キョーコ、一体何してるの。」

社の膝の上でクオンのジャケットに包まれたままの状態で社に抱きつき、「クオ~ン…好きぃ~」と顔をこすり付けるキョーコの姿。

さっきまで、年上のお姉さまによる貞操の危機だったとも気が付かず、何と無防備な事か。

クオンは神々しい笑みを湛えてキョーコを抱き上げると、家路を急いだ。



(続く)
関連記事
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

大人のかばぷーしゃま♡
あの…………………………その、危険物……………読めないのでしょうか……………(((UωU` *)(* ´UωU)))

だ、だめ……………なの? (*ノд`*)σ

…………………………あ、だめ、ね( ;∀;)


オルガさん、かっこいいです(///∇///)
大人の女の人、好き♡

かばぷーしゃまは、ほんとに引き出しがいっぱいあってすごいなあ(*≧∀≦*)
  • 2018-02-01│20:48 |
  • ぽてとたべたい&ぽてとあげたい URL│
  • [edit]
Re: 大人のかばぷーしゃま♡
> ぽてとたべたい&ぽてとあげたい 様

ぎゃ===!!??
危険物を読みたいお嬢さまがここに!?

う~~~ん、かばぷーの危険物は冗談抜きで危険物だからねぇ・・・
今回も洒落にならないって言うか、なんていうか・・・
正直、今回は犯/罪の匂いがプンプンです。変態臭どころの騒ぎじゃないかも?
(ソフト路線でもにおうのに・・・)

ちょっと、検討します。・・・けど、期待しないでね?
勇気がないから・・・

さて、結構年上設定だという事がばれてしまいましたね。
でも、お気づきでしょうか?
オルガより年上のモデルと付き合っていたクオン!!!??
どんだけ~~??と思って年齢設定しました。
設定勿論20代のクオンですよ~。
なので、大人の引き際というものを考えてみました。

お楽しみいただけたら、嬉しいです。
後は最終話!
どうぞお付き合い下さい。
  • 2018-02-01│21:16 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
No title
オルガさん、いい人だったんですね。意外。

さあ、クオン、もう邪魔するものは何もないのではないかしら?
  • 2018-02-02│17:15 |
  • ありす URL│
  • [edit]
Re: No title
> ありす様

オルガさんは、はじめはどぎつい女性だったんです。
ええ・・・それはもう、スキビ二次といえど許されないレベルで・・・

なんですけど、お話が続かなくなってしまいました。

結局スキビ世界には悪役っていらっしゃらないじゃないですか。
どうも、かいてみたら違和感満載だったんですよね。

何とか、皆様にホッとしていただけるオルガさんになりました。(なってるのかな?)
  • 2018-02-02│21:38 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
クオ~ン、好きぃ~
こんばんは。

もしかして次回は、クオンさんに抱きついてスリスリと顔を擦り付けているキョーコさんを見れるのでしょうか?クオンさんの理性は!!!
…オルガが使ったクスリ?をクオンさんに使ったらすごいことになりそうですね!
  • 2018-02-02│22:10 |
  • harunatsu7711 URL│
  • [edit]
Re: クオ~ン、好きぃ~
> harunatsu7711様

こんばんは。
すりすりしてもらいたいですよね♪
クオン君の理性も本当に気になるところだと思いますよ~~!!
決壊?・・・それとも!?

オルガの使ったおクスリは~・・・うん、危険だね。
猛獣化しそうかしら?
  • 2018-02-02│22:28 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
お付き合いある「ス/☆ビ」二/次サイト様、マスター様のリンクをいただいています。リンクをご希望の場合、お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りいたします。

Attention!
The all of this are NOT related with the Author and/or the Publisher. Not allowed to permit from all illegal actions by the website rules. No reproduction and/or republication without any written permission from blog author and/or web site owner.
Each blogs has the copyright after publication showing on the web site and each web page by the author.
注意!
この中の全ての物は、原作者及び出版社とは関係ありません。
ウェブサイト会社規約、全ての違法行為を禁止します。著作者の許可なく摸作・転作などの行為を禁じます。
各ウェブサイト又は各ブログ執筆者により書かれた、もしくはデザイナーに描かれたそれらの創作作品は、公共へ配信された時点で著作権は著者が所有しています。 

ようこそ

最新記事

カテゴリ

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様
ぽてとあげたい様
ぽてとは揚げて食べたいな