FC2ブログ

雪がやんだら 1

皆様、こんにちは!!かばぷーでございます。

年の瀬も押し迫り、大掃除も何とか一段落した(と思われる)我輩です。
今年は天皇誕生日には年賀状も仕上がり、大掃除もその辺りに出来たので、少し余裕がある年末となりました。
(今年は…というのがポイントですかね)

年末・年始に向けてキョコ誕に引き続きお話を投入いたします。
本誌沿いの近未来妄想でございます。

我輩は基本自宅でのお正月です。(夫は里帰りが嫌いらしく、雪も多いですから移動しませんのです…)
5話の連日投稿となります。
しかも、この5日間は真昼間12時投稿となりますので、どうぞお時間あるときにご覧下さい。









「それは、どういう意味?」

吹雪の吹きすさむ山小屋

蓮に抱きしめられたまま、キョーコの鼓動だけが逸る。
突然に二人を襲った吹雪から、ようやく難を逃れた二人だった。





雪がやんだら 1





それは真冬のスキーリゾート地でのロケーションだった。

ある少女向け漫画の映画化
財力・知力・美貌に秀でた海外からの日系人留学生・タケル役に指名されたのは、俺が担当するLMEの看板俳優である敦賀 蓮で、その恋人としてヒロインに抜擢されたのは巨乳のアイドルタレント、加納ユミだった。

蓮主演のその物語のあらすじはこんなふうである。

タケルが留学先の日本で出会った野暮ったい女子大生、向井 華(はな)。

始めはホスト役となった優秀な女子大生の華に対して特別な感情を持つ事もなく、面倒くさそうにホストをこなす華と適当な距離を保っていた主人公・タケルだったが、元々イケメンなタケルは女性関係も派手であった。
美貌の外国人留学生に群がる女性たちと、積極的な彼女らと次々に浮名を流すタケルの貞操観念を「ここは日本です!むやみやたらとハグしない!」と叱り飛ばす華。
だが、ひょんなことから実は巨乳の持ち主だと偶然知ることとなったタケルは、やがて古風な華とそのボディのギャップに惹かれ始め、二人はすったもんだをしているうちに恋人同士となる…

という、コメディー要素が満載の胸キュン系なラブ・ストーリー。

二人の恋路を応援する華の親友、華とタケルが上手く行くように応援する智子役に選ばれたのがキョーコちゃんで、世話好きな役柄である。

今回のロケは、タケルがスキー旅行と称して華を誘い出し、渋る華を智子が説得し、一緒にスキー旅行へと出かけた。という設定で行われる。そして、雪山で遭難しかけた華をタケルが助けに行き、二人は気持ちを確かめ合うという重要な回の撮影のためにここ、海外の某スキー場へ来ていた。







「敦賀さん、お疲れ様です!」

アルマンディの撮影のために半日遅れて、蓮が撮影隊に合流した日の午後。
監督に到着の挨拶を済ませた蓮に、キョーコちゃんと俺はいつものように駆け寄った。

「蓮、お疲れ。悪いね、先にこっちに来させてもらって。」
「ああ、大丈夫ですよ。寧ろ助かりました。海外にはまだ慣れていない彼女のほうが心配だったでしょうから。」

そう、今俺は蓮とキョーコちゃんと両方のマネジメントをしている。
俺に向けて言いながらも、蓮は出来立てほやほやの恋人に、神々しい笑みを向けた。

「無事に着いていて良かった、大丈夫だった?」
「はい、勿論!来てすぐに凄くビックリしました!ゲレンデにも行ってみたんですけど、凄く、凄―――く雪が輝いてるんですね!真夏のグアムも凄かったですけど、スキー場ってはじめて来ました!」

目をキラキラさせて、雪原を一通り楽しんだというキョーコちゃんは、当然の如くその目に幻想的なメルヘン世界を見つけてしまったらしい。
それはそうだろう。ここは有名なファンタジー小説や映画の舞台となった国でもあるのだから。

「そうなの?じゃあ、もうスキー場で練習した?」
「う~…一度くらいです。転んでばかりで…」
「そうか、じゃあ約束どおり、一緒に練習しようか?」
「っ!!はいっ!!」

蓮のその言葉に、キョーコちゃんは目を瞬かせた。
その二人の姿を見て、俺は内心“きゃーーーーっっっ!!!”と乙女な叫びを上げながら、ニヤニヤを押さえるのに必死だった。

この二人のやり取りを何も知らない人が見たなら、仲のいい事務所の先輩後輩の会話に見えるに違いない。
けれど、実はちょっとだけ違う。

グアムでカインと…いや、蓮の撮影をセツカとして見学したのはもう2年以上も前になる。
蓮とキョーコちゃんはあの不破とのキス写真以降も、先輩後輩以上、恋人未満な生殺し状態をずーっと続けて、ようやく一月ほど前に恋人というポジションに落ち着いたばかりなのだ。

けれど、付き合っているといっても、互いに忙しい二人に恋人らしい時間を作ってやれなかった。そこに舞い込んできた共演は、蓮にとっては棚ぼたに違いないし、それが海外ロケともなれば、この機会にその先を…と、期待感を隠せないに違いない。

「クスクス…やっぱり練習してみないとね?」
「ご指導、よろしくお願いします!」

(うひょー!そんな初々しくご指導お願いしますなんて!蓮はキョーコちゃんの手取り足取り、腰を取って指導したいに決まってるってぇ~~!)

だんだんと己の脳内妄想が広がっていく。
キョーコちゃんがペコリと腰を折った瞬間、背後に不機嫌そうな猫撫で声が響いた

「(ゴホン!)敦賀さぁん、おはようございます。お待ちしてました。」
「おはようございます、加納さん。」

加納ユミは隣にいるキョーコちゃんには目もくれず、蓮の腕に胸を押し付けるように絡みつく。

「ねぇ~敦賀さん、ユミもスノボしたいんですけど、教えてくださる?」

やたらと大きな胸をぐいぐいと蓮の腕に押し付け、上目遣いで見上げるのは…うん、獰猛系ハンターだな。

「ああ、そうなんだ。加納さんは凄くスノボが上手だって聞いてたから、俺のほうが教えてもらわないといけないかもと思ってたよ。」
「いやだぁ!ご存知だったんですか?」

うーわーぁ、わざとらしい。さっき自慢してたじゃないか。と内心毒つく俺。

「うん、だから俺達のことは気にせずに気持ちよく遊んだら良いよ。きっと初心者と一緒だと、退屈するんじゃないかな。」
「え……、でも、ユミは敦賀さんと一緒に滑りたいんです。ねえ、ご一緒しちゃだめ?」
「そうだね、今日は彼女に教える約束をずっと前からしてたから、残念だけど。」
「え~……」

主演女優である彼女、加納ユミはかなりの肉食系アイドルだというのは、業界のもっぱらの噂である。外見は勿論可愛らしい顔立ちでアイドルらしい清楚さも兼ね備えた彼女だが、立派な巨乳の持ち主。
さらりと腕を解いて断る蓮に不服そうな彼女を遮るように、監督の声が響いた。

「さあ!明日から撮影に入るから、下見も兼ねて今日の午後はフリーにしよう。敦賀君,ユミちゃん、怪我のないようにお願いね。」

監督の声を皮切りに午前中、華と智子の撮影と準備にかかりっきりだったスタッフは歓声を上げた。我先にと撮影機材の点検に取り掛かり、役者陣は少し時間が空いた。

日本からやって来た撮影隊が宿泊するリゾートホテルから、少し離れた場所にあるゲレンデでの撮影。
ほぼ貸しきり状態のゲレンデはキョーコちゃんが練習するにはもってこいの環境だった。
役柄の設定上、華はウィンタースポーツはからっきしダメで、対する智子はそこそこ滑れるという設定だけに、キョーコちゃんは数日前から国内でグラススキーの練習だけはしていたが、本物とはまた違う。実際に滑ってみないと分からないというのが実情だ。


「蓮、どうする?…って、その格好は決まっているか。」

ま、当然だな…と思いながら、うきうきと分かりやすくスキーウェアに身を包んだ蓮を見た。

「貴重なフリータイムだからな。ただ、お前がインストラクター代わりといえど、怪我とかしないようにしてくれよ。」
「ええ、分かっています。最上さんの滑りを何とか形にしたいですしね。社さんはどうしますか?」
「いや、俺はいい。行って来いよ。」

技術指導を口実に、いそいそとスノボを担ぎ上げた男は、キョーコちゃんの待つゲレンデに一目散に駆けて行った。






(続く)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
恋人になって1か月
恋人と一緒に仕事ができてウキウキの蓮さんに、共演が嬉しいながらも、恋を応援する役で蓮の恋人役は自分のコンプレックスを刺激するボディの持ち主という状況のキョコさん。

今は、遭難?避難した先でもめちゃってる?
どうなるんでしょう〜!

雪がやんだら…楽しみですが、雪が降りまくってる二人きりの時間も楽しみです。

お品書き企画参加第二弾スタート有難うございます!更新楽しみにしてますね。




まじーん

2017/12/30 14:24 URL 編集返信
Re: 恋人になって1か月
> まじーん様

コンプレックスを刺激されまくりのキョコさんなんですが、でも、結構気にしな~い!な状況ですかね。
いや、気にしている状況なのか?

雪がやんだら…

うふふのふー?になるといいですね♪(←何気にやらしい?)

お品書きへの早速の記載、ありがとうございます。
予告してなかったのに滅茶苦茶早くて、吃驚しました。

かばぷー

2017/12/30 17:23 URL 編集返信
わは( 〃▽〃)
た、楽しい……………(((o(*゚∀゚*)o)))

や、ヤバい………(;゜∇゜)
顔がニヤける……………(≧▽≦)(〃ω〃)

やーん、素敵な走り出しですね!!

更新が連続なんですか!?
ええ!スゴい!!

てか、面白くてワーって読んじゃったから、もう一度じっくり読まなくちゃ(///∇///)

わたくしは昨日から家族で帰省中です。親に孫の顔を見せて、少し満足……(^^ゞ

ぽてとたべたい&ぽてとあげたい

2017/12/30 21:29 URL 編集返信
Re: わは( 〃▽〃)
> ぽてとたべたい&ぽてとあげたい 様

にやけちゃいました?
今回はヤッシー視点で始まり始まりー!

どきどき、わくわく?の毎日連続更新です。
お年玉ってところで!(〃≧▽≦〃)
帰省中とのことですので、実家サービスもしながらお時間に無理がないようにご覧下さいね。

ではでは~!!


かばぷー

2017/12/30 22:45 URL 編集返信
ああ、どっちが嬉しそう?
付き合って1か月の蓮が嬉しそうなのは言うまでもないことですが、それを見守るはずの社マネージャーの方が乙女になって喜んでるのは、想像でき過ぎて笑ってしまいます。続きも楽しみです。

山崎由布子

2017/12/31 02:13 URL 編集返信
Re: ああ、どっちが嬉しそう?
> 山崎由布子様

どっちも嬉しそうですよね。

今回の始まりはヤッシー視点。
乙女のようにウキウキする社さんが書きたかったのです。

ヤッシーの姿が漫画的に想像していただけたら最高ですね。
どうぞお付き合い下さいませ。

かばぷー

2017/12/31 10:29 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
お付き合いある「ス/☆ビ」二/次サイト様、マスター様のリンクをいただいています。リンクをご希望の場合、お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りいたします。

Attention!
The all of this are NOT related with the Author and/or the Publisher. Not allowed to permit from all illegal actions by the website rules. No reproduction and/or republication without any written permission from blog author and/or web site owner.
Each blogs has the copyright after publication showing on the web site and each web page by the author.
注意!
この中の全ての物は、原作者及び出版社とは関係ありません。
ウェブサイト会社規約、全ての違法行為を禁止します。著作者の許可なく摸作・転作などの行為を禁じます。
各ウェブサイト又は各ブログ執筆者により書かれた、もしくはデザイナーに描かれたそれらの創作作品は、公共へ配信された時点で著作権は著者が所有しています。 

ようこそ

カテゴリ

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様
ぽてとあげたい様
ぽてとは揚げて食べたいな