FC2ブログ

HIMEJI Castle

こんばんはー!!

「続・嫁ものがたり」
じれじれ模様でお送りしてきましたが、番外編も完結です。

ときめきは若干(?)薄めですから、期待しないでね?
あはー…今回こればっかり…(´∀`*;)ゞ








Himeji Castle is a National Treasure, and in 1993 it was placed on the UNESCO World Cultural Heritage List.
“国宝の姫路城は、1993年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。”

Because of its striking beauty and elegance, it's popularly known as the White Egret Castle. But in fact it was designed as an impregnable fortress.
“その際立った美しさと優雅さから、一般に白鷺城という名でも親しまれています。しかし実際は、難攻不落の要塞として設計されていました。”

The entire castle is protected by massive walls of stone.
“城全体が、分厚い石垣で守られています。”

As the crow flies, the distance from the first gate to the tower is just 130 metres. However, attackers trying to reach it would have to climb a route at least three times longer.
“最初の門から天守まで、直線距離ではわずか130メートルしかありません。しかし、向かう敵兵は、その3倍以上の距離を登らなくてはなりません。”




「へえ…姫路城」

クオンはインターネットの画面を見て、感嘆の息を漏らした。

“難攻不落の城 日本”

HITしたのは美しい日本の城
これが彼の姫路城との出会いであった。





HIMEJI Castle
~続・嫁ものがたり 番外編④~






ハリウッド映画「3J」のジャパンプレミアのために来日し、東京でのプレミアショーを行ったクオン、オルガ、ニックの三人。その映画には勿論京子も出演したということで、煌びやかな3名の通訳も兼ねる感じで、仲の良い撮影の様子や撮影裏話も披露した。

報道各社によると、京子とニックの熱愛報道を企画していたらしいが、そういう雰囲気ではなく、あくまでも仲の良い共演者としての立ち位置も崩さなかった。
また、クオンとオルガ、ニックとオルガの関係も噂されてはいたが、それもオルガ側から二人の俳優は可愛い後輩だと位置づけし、自分は年上の円熟した女性像をアピールした。

現在共演中の有名俳優とのお付き合いが彼女にとっては重要だからだろう。

クオンとキョーコの関係はあれから順調に進んでおり、結婚式も間近に控えているのだが、日本向けの報道はまだ計画されておらず、向こうでも秘密にしている状態だった。


「おい、お前ら折角こうやって一緒に日本に来てるなら、ドドーンと一発、婚約発表したらどうだ?クーだってそれを望んでいるだろうに!」

LME本社に挨拶に行くと、社長にはそう言ってからかわれた。

「ボス…父といい貴方といい、俺たちで楽しむのは勘弁してください。今、ようやく準備を始めたところなんです。あれやこれやで邪魔されたくはないですね。」
「最上君はどうだ?」
「絶~~~対、いやです!社長には申し訳ありませんが、日本のマスコミに追い掛け回されるのはごめんですよ?」

うにゅ~~~と、社長の顔が残念そうに歪んだ。

「仕方がない。日本に帰ってきたついでに旅行するんだろう?」
「ええ、京都へ行って、ちょっと姫路まで足を伸ばそうと思っています。」
「姫路?そりゃまた何でだ?」

「ええ、ちょっと…ね?」
「ね?」

「おい、ここでいちゃつくな!…しかし、つまらんな。折角ラブミー部、完全卒業をプロデュースできるいいチャンスだというのに!」
「ボス…それも、もう卒業でいいじゃありませんか?」
「全く、本当につまらん!!」

いい歳をした社長の拗ねる様子は見るに耐えないが、その奥に見える微笑をありがたく享受した。



その後、京都へと出発した二人は、思い出の小川に寄り道し、記憶に残る妖精コーンと小さなキョーコを思い出したあと、松乃園に向かった。
松乃園では女将さんが出迎えてくれ、キョーコをみて涙ぐんだあと、松太郎の不義理を再度、詫びられてしまった。



そして、再び新幹線に乗って、やってきました姫路城

クオンの変装は確実に日本人に見えるので、東京を出発した時から、全く周囲から気付かれる事はない。ただし、相当のイケメンぶりに、振り向かれることは多かったのが玉に瑕だ。
だが、京都でも姫路でも、新幹線の中でさえ全く彼がハリウッドスターのクオン・ヒズリだと気付かれることはなかった。
しかも、キョーコはといえば、変装はお手の物で、少しメイクしただけで全くの別人に見える。

二人は、何の気兼ねもせず、のんびりと歩きながら姫路城にたどり着いた。

「姫路という地名自体もそそられるものではあるね。」

「何で?」
「The way to the princess というべきなのか、A Road to the princess というべきなのか分からないけど、“姫への路”または“姫の路”でしょ?俺的には“姫への路”だったかな。」
「なあに、それ。大昔は姫山城と言ってたそうよ。」
「ふむ…それもまたいいかも。」
「意味深ね。あ、焼き栗を売ってる!帰りに買って帰りましょ?」
「了解、姫の仰せの通りに。」
「うむ、よきに計らえ!」

お堀の周辺は土産物屋が立ち並んでいた。
大きな門を抜けると、広々とした敷地が広がり、一気に町並みと一線を隔す風情だ。

「う~~ん、ここの庭園、広々だね。」
「本当!凄く芝生が綺麗」

普通のカップルのように手をつないで歩く先、広い芝生の向こうに見える真っ白く聳え立つ姫路城は圧巻だった。

外観の美しさは言わずもがな。
けれどその美しさとは裏腹に、攻め入るには、内部にたどり着く事さえ諦めたくなるほどに複雑なつくり。
足元を守る石垣は、よじ上る事さえ困難で、侵入者を堅く排除する。まともに門から出向くにも、直線距離の約3倍の時間と距離をかけなければ、本丸にさえたどり着けないのだと、資料から学んだ。

実際、城の土台を支える傾斜が変化する石垣を見ても、石を落とす穴を見ても、感嘆の息しか漏れない。曲がりくねった天守への道のりは、ゆっくり歩いていても複雑で、甲冑を纏った武士たちにはさぞかしきつかろうと思える。そして、順路になっているので迷う事はないのだが、あちこちに門と岐路があり、上り坂を行けば外に出てしまい、下り坂を行くほうが正解なんていうトラップまであるらしい。


クオンは自分の辿ってきた道になぞらえて、自然と笑みがこぼれた。

「さあ、ここからいよいよ城に入るんだね。」

城の内部を見ても、その堅牢なつくりに見蕩れた。

内部を貫く大きな柱。
この東西に置かれた二本の太い柱が城を支えているという現実。
狭く低く、頭をぶつけそうに急な階段を一層、一層登るたびに湧き上がる高揚感。

「すごい…これが、天守閣からの眺め」

ようやく天守にたどり着いた時、板張りの天守閣から、姫路の街がぐるりと一望できた。

「凄いですね。実は私、初めてお城の天守閣に登りました。」
「キョーコも初めてなの?」
「実はそうなんです。」

キラキラと目を輝かせて、高いだの、綺麗だの呟いている。

「来てよかった。」
「私も…」

ふふふっとキョーコが笑う。

「本当に、クオンの部屋にいきなり姫路城が現れた時には、何で!?と思ったの。」
「理由が分かった?」
「未だに分からないわよ。熱心にパンフレットまで見て、何を勉強してたの?」

クオンは、言うべきかいわざるべきか、う~んと一つ唸ると、言葉を繋いだ。


「難攻不落の城の攻略法」



「…………はい?」


「クスクスクス…うん、凄く勉強になったからね。実際に見て間違ってなかったと確信した。」
「????」

「うん、今更だけど城の内部には入れてもらってたんだね。今ならよく分かるよ。」
「意味…不明…デスガ?」

クオンは、頭に?をつけるキョーコを見てクスクスと笑う。

「ん、分からなくていいかな、怒られそうだし」
「なあに?それ!…でも、凄く楽しそう。」
「うん、楽しかったよ。そして今、天守から君と見る景色は最高にいいね。」


 無論、姫路城の天守が現存しているのは、運よく戦乱の時代を免れたというその時代背景も深く関わっている。
それを除いても見惚れるほどの外見の美しさとその堅牢さ。
当時の戦法テクノロジーの粋を集めたこれだけの立派な城を築いた名工と、その歴史に思いを馳せ、“難攻不落の名城”に相応しいと思った。

クオンは、不思議そうな顔をしているキョーコの手をぎゅっと握って、人ごみに紛れて肩を引き寄せた。
そして、しばらくの間そこから眼下に見える景色を目に焼きつけようと、晴れやかな顔で姫路の街を見つめる。

そんな姿が、実はこっそりと社長の命によりスクープされていた事など、当人たちは知る由もないが、寄り添う二人の穏やかな表情と雰囲気は、とても甘いものだったのは言うまでもない。






(おしまい♪)





何故だか、安土桃山時代~江戸時代の服が着せたくなったよ。
妄想しておこう♪
今回の番外編④はかなり現実世界妄想が膨らんでしまいました。
長々とお付き合いくださり、ありがとうございました。(o‘∀‘o)*:◦♪
関連記事
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

ごちそうさまです!
ここあです!こんばんは。作品、全部読ませていただきましたー!全ておいしく頂きました、ごちそうさまです

かばぷー様ワールドにどっぷりたっぷり浸り、わくわくしたり、はらはらしたり、キュンキュンしたり本当に楽しかったです!

作品づつに悶絶コメントをさせて頂きたいくらいなのですが、まとめてこちらに感謝のコメントとさせて頂きます!

このシリーズの感想だけちょこっと...!
この久遠さんは時々キョーコちゃんに迫る時にやらかして、また失敗した...(´・ω・`)ってなれば、すごくかわいいと思います!!
キョーコちゃんも無意識で翻弄してればいいんです、久遠...?って呼びかけるだけでキュンキュンします(*´︶`*)❤︎
誰がって...もちろん私が!٩(*´︶`*)۶笑

また読みに来させてください♪
更新楽しみにしてます(´∀`*)♡
  • 2018-02-16│21:29 |
  • ここあ URL│
  • [edit]
No title
クオンとキョーコちゃんに乾杯!
姫路城のポスターを部屋に貼ってるクオンが可愛い。

ポスターの下の方にHIMEJ(A road to the princess ) と英語で書き込んで、自分に言い聞かせてる姿が目に浮かびました。
  • 2018-02-17│08:29 |
  • ありす URL│
  • [edit]
Re: ごちそうさまです!
> ここあ様

完食!!ありがとうございます♪
作品が多いので結構大変だったかと思います。お疲れ様&ありがとうございます。

消化不良を起こされずにここまで辿り着いていただけたことを大変嬉しく思っています。

このシリーズのクオン君、失敗だらけ?
なのに可愛い・・・( ´艸`)ぷぷっ!
叱られて、尻に敷かれるのも妄想膨らみますね。

コメントをありがとうございました。
  • 2018-02-17│11:14 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
Re: No title
> ありす様

おお!ポスターを貼っている姿、妄想したいただけましたか!
ポスター貼って、「よし」と、仁王立ちでポスターの前に立っている姿…いいかも。

彼の戦略は地道で近道はナシ!遠回りかもしれませんが、無事に天守に辿り着きました。
まあ、クーの息子という時点で、通行権を手に入れていたのかもしれませんが・・・

コメント、ありがとうございました。
  • 2018-02-17│11:18 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
昨日からw
番外編を楽しませていただき、今日はラスト(?)の姫路にゴーの回に飛んできました。

姫路城が見たくなりますね。(∩*´ω`*∩)

味見シリーズも非常に面白かったです。バスルームでの攻防では拒否されようが絶対もう我慢できないという感じのクオンくんに笑いましたが、無事丸ごと美味しく食べられたようで良かったです。
  • 2018-02-19│22:12 |
  • まじーん URL│
  • [edit]
Re: 昨日からw
> まじーん様

番外編へのお越し、ありがとうございます。

> 姫路城が見たくなりますね。(∩*´ω`*∩)

お!お客様発見!
もし、お時間ありましたらどうぞ♪(←他県の勧誘をする私)

バスルームで…ええ、「もう、何でさせてくれないの~~」って、思ってるクオン君でした。
毎回コレで失敗してたのに、懲りませんね。
あれ以上焦らされたら、一体どんな暴挙に及んだのだか…おお怖い。
いや、やっぱり生殺し続行だったのかな?

お付き合いくださり、ありがとうございました。
  • 2018-02-20│20:58 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
お付き合いある「ス/☆ビ」二/次サイト様、マスター様のリンクをいただいています。リンクをご希望の場合、お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りいたします。

Attention!
The all of this are NOT related with the Author and/or the Publisher. Not allowed to permit from all illegal actions by the website rules. No reproduction and/or republication without any written permission from blog author and/or web site owner.
Each blogs has the copyright after publication showing on the web site and each web page by the author.
注意!
この中の全ての物は、原作者及び出版社とは関係ありません。
ウェブサイト会社規約、全ての違法行為を禁止します。著作者の許可なく摸作・転作などの行為を禁じます。
各ウェブサイト又は各ブログ執筆者により書かれた、もしくはデザイナーに描かれたそれらの創作作品は、公共へ配信された時点で著作権は著者が所有しています。 

ようこそ

最新記事

カテゴリ

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様
ぽてとあげたい様
ぽてとは揚げて食べたいな