キョーコStyle ~成熟したカノジョ~

『キョーコ…、愛してるよ…』

愛しい男の甘く囁く声…
美しい顔が近づき、唇に触れる。
首筋に、胸元に、キョーコの敏感なところを次々と探り当てる唇。


「蓮さん…好き。大好き…。」

逞しい躯体に縋り付くように手を回し、ぎゅっと抱きしめる。
彼の柔らかな髪が素肌にまとわりつくような錯覚。
皮膚を滑る指先に、快感が背中を駆け上がる。

「蓮さん…お願い…来て?」

『愛してる。キョーコ…』

「蓮さ~~~~~ん!」




…………(ぱち)………


敦賀蓮の全身プリントが施された、等身大スペシャル抱き枕をぎゅうぎゅうに抱いたキョーコは、むなしい思いで目を覚ました。
深い、深~~い溜息をつくキョーコ。

「………夢… ですか…」

蓮の夢を久しぶりに見たと思ったら、こんな破廉恥な夢だとは…。

(はぁ~キョーコ!しっかりしなさい!どれだけ欲求不満なの?あんな…あんな…、超リアルで、蓮さんが迫ってくる夢を見るなんて!あああああぁぁぁぁぁ~~~もおぉぉぉ~~~破廉恥~~~。)

抱き枕を抱きしめたまま、夢の出来事をしばし反芻するキョーコだが、

(くあああっぁあぁぁ~~~~や~~んもう!悔しい~~~!最後まで出来なかったぁぁぁぁ~~~)

と、別の意味で悔しがる。

キョーコがのた打ち回るそこは、先程の夢の中の住人、敦賀蓮の高級マンションにあるキングサイズのベッド。
当の御本人はといえば、現在2ヶ月ほど不在なのである。
ハリウッド映画への進出を果たした彼は、次の映画の撮影のため、愛しいキョーコを日本に残し、アメリカに滞在しているのだ。

付き合い始めて3年が経ち、一緒に暮らすようになってからは毎晩のように身体を重ねてきた。
2ヶ月も離れ離れになれば、忙しさに紛れていても、ふとした瞬間に心だけでなく、身体も愛しい恋人の温もりを求める。
それは男だけでなく、成熟した女も同じこと。

「キョーコ、昨日メールしたでしょ!はい、頑張れ!わたし!」

ぱしん!と自分の頬をたたき、キョーコはベッドを後にした。




最上キョーコ 22歳

彼女は「京子」

現在はタレントというより、LMEが誇る新進気鋭の演技派女優だ。
演技の幅は広く、自由自在に役を自分のものにする。
昨年は蓮とともに主演女優賞を受賞したほどだ。
だが、本人はまだタレントだと言い張っており、貪欲にどんな仕事にでもチャレンジし、まだマネージャーもつけずにいた。



そんなキョーコの今日の手始めの仕事は、料理番組のレギュラーアシスタント

キョーコが料理上手なことは、既にこの業界では有名な話で、食の細い敦賀蓮の胃袋を鷲掴みにした女との呼び声は高い。
手際よく食材を整え、ゲストと巧みにトークを繰り広げる。
巧みにといっても基本は天然なので、とぼけた駆け引きもこの番組の魅力だ。
今日のゲストは百瀬逸美さん。ダークムーンで仲良くしていた女優さんなので、会話も特に弾む。
自然と流れはダークムーンの時の懐かしい撮影秘話となり、敦賀蓮の会話へと…。

「ほんとに京子さんと、敦賀さんが仲が良くて!わたしたち共演者も敦賀さんって京子さんのことが好きなのかなって、なんとなく思ってたんですよ。きっとあの頃から京子さんも敦賀さんのことが好きだったんだよね?ね、京子さん?」

「……(ぽっ)……うふふ、秘密です。」


ずきゅーん!!


キョーコが蓮のことを想い、照れくさそうに頬染める姿に、周囲の男性のハートは清々しいほどに撃ち抜かれる。
カメラさんも照明さんも、そして女性の百瀬までもが、キューティーハニー 照れバージョンスマイルに打ち抜かれ、なんとも恐ろしい音がした。
キョーコは一人ほくほくとした笑みを漏らしながら、収録は終了した。




さて、次の仕事は化粧品のCM撮影

キョーコは本当に綺麗になった。

今では、化粧品、エステ、ジュエリーなど多くのCMに出演している。
もともと、色白できめ細かい肌質な上に、エステや化粧品でさらに磨き上げられていくので、それはもう目も眩むような美しさ。
食事コントロールも抜群なので、肌荒れしないし、プロポーション管理もバッチリ。
そして驚くことに、あれほど貧弱だ貧相だと嘆いていた胸元は、誰のおかげか(?)豊かに実り、張りのある果実へと変化を遂げていた。
なめらかでシルクのような肌触りと、吸い付くような感触を想像させる艶やかな肌。
スレンダーで健康的なボディに、傍目で見ても形が良いことが窺える柔らかそうなバスト。
背中のパックリ開いたドレスを身に纏い、怪しげな瞳で誘惑する。
その瞳で誘惑する相手は誰と重ねているのか…。

”その艶やかさ、進化系…”

唇にのせられた、艶やかなリップを唇で “ぷるん” とはじいたその瞬間…


どきゅーん!!


現場では撮影に関わるスタッフが、ポスターになれば、紙面からも滲む色気に街行く男たちが、CMが流れるお茶の間ではパパさんたちと僕ちゃんたちだけにとどまらず、うら若き女性達の心臓をも鷲掴みにしてしまう。
やれやれ…。



今日の最後の仕事は現在好評放送中である人気ドラマの撮影だ

マネージャーのいないキョーコは撮影の合間に共演の男優・女優たちと談笑しながら、過ごすことが多い。
タレントといっても、既に周囲の評価はLMEの看板女優。
それなのに明るく気さくにみんなに挨拶し、礼を尽くす姿は、昔も今も変わりない。
売れっ子で時間もないだろうに、まめに超・激ウマ手料理を差し入れる。
台本をきっちり読んで、NG知らず。
いつまでも真摯に演技を学ぼうとする姿は好感が持て、キョーコと一緒に仕事をしたいと願う人間が増えて来たことにも頷ける。


そんなキョーコには珍しく、今日はスタジオの片隅でひっそりしている。
元気のなさをみんな心配しているのか、キョーコのことをちらちらと気にしているようだ。
携帯を片手に、“ふうっ…”と溜息をつく姿はやたらと物憂げで艶かしく、男達は頬を染めずにはいられない。
それもその筈、あろうことか、キョーコはこの時、朝の夢を反復妄想していたのである。
当然のようにフェロモンだだ漏れ。
しかし、そんなことは誰にも想像できるわけがない。

そんな時、着信があったようだ。
見る見るキョーコの表情に、ぱあっと明るい生気が戻り、周囲にバラやらフリージアやらのお花畑の背景をポンポン飛ばす。
(ああ、敦賀さんから連絡があったんだ…)
あまりに分かりやすいキョーコの様子に周囲が安堵の息を漏らしたが…、
電話が終わったらしいキョーコは、頬を染めて、潤んだ眼差しで、液晶画面に顔を寄せたのだった。

「(ちゅっ…)」


ばっきゅぅ~~ん!!


情事のあとを思わせる、濃厚な色気にスタジオにいた男性スタッフは、頭から湯気を出す者、いきなり鼻血を噴き出す者、心臓やら股間やらを押さえてうずくまる者…。被害者は後を絶たなかった。
しかも、この日の撮影は主役の男が京子演じるヒロインに堕ちる場面。
画面を放送で見た男達は、漏れなく「京子」に堕ちまくり、キョーコは無自覚に馬の骨を量産していく。


そう、量産するのだ。
馬の骨を毎日、毎日、毎日、毎日…、
呆れるほど無自覚に量産しているのが現在のキョーコの姿。

しかも、蓮があれほど馬の骨を嫌がったにも関わらず、キョーコが周囲を惹きつける時は、必ず蓮がらみ。
日本にいようが、アメリカだろうが、関係ない。
キョーコが壮絶な色気を醸し出すようになってしまった背景には蓮への恋しさがあるからだ。

帰国後は、今まで以上に馬の骨退治をしなくてはならなくなることなど、露ほども思わず、遠隔操作でキョーコの本能を揺さぶる男、敦賀蓮。

そして、そんな男に愛されるが故に無自覚、無作為、無慈悲なまでに色気をばら撒き、あちこちでハートを撃ち抜き、馬の骨をこれでもかと量産する女、最上キョーコ。

これが現在の最上キョーコが男を煽り、虜にする、定番のスタイルなのである。





(終)

蓮さん…出てきません。こんなキョーコをほったらかしては、ダメでしょう‼︎
そして等身大スペシャル抱き枕…もちろん非売品です!絵柄は、ぐふふふ…。
くそぅ…欲しいぜ。
あなたは欲しい?欲しいですよね?ね?ね?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

畳み掛ける感じ描写された、キョコさんの馬の骨量産の説明がツボでした。

蓮さん戻ってきたあと、「映像やポスターなどの成果物」や「馬の骨山脈」を見て、心の中で悲鳴をあげそうですね。(*´∇`*)ハハハ

Reまじーんさま

馬の骨山脈…上手いこと言いますね〜。

私も見て見たいです。
…て、言うか、書いて下さるとありがたい。

コレ、リクエストしちゃいけませんか?
どんな馬の骨山脈を皆様が作り上げるのか、見て見たいです!

一応、続き妄想しちゃいましたけど、別方向なので、
馬の骨〜〜欲しい‼︎
プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/○/ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
二次ルールを守っておられる「ス/◯/ビ」二次サイト様に限り、相互リンクさせていただきたいです。お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンクは固くお断りさせていただきます。
(リンクはトップページにお願いいたします)

ようこそ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンクご案内
ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様 Bubble Shower
sei様
風月様 popipi様 ちなぞ様 惣也様