FC2ブログ

愛しの拾得物 願望

にゃんこパラレル 番外話(←?)
いきなり 挟んでみました。
本編の続きなの。続いてないけど、続きなの!






愛しの拾得物 〔願望〕





ある晩、お月様が真ん丸い晩だった。
気が付いた時には、私はお月様を見上げていた。

どこから来たのか…なんでここにいるのか…よく分からないけど、お月様がにっこりと笑ってた。

『あれ?おかあさーん…どこぉ?』

ちょっとだけ寒くて、ちょっとだけ寂しくて、どうしていきなりこんな場所にいるのかよく分からなくて、お月様に向かって文句を言ってやろうかと思ったの。

『ねえ、何で私、ここにいるの?』…って。そしたら、お月様が喋ったかと思った。

「どこ…?」

初めて聞く声がした。
かさっと目の前に現れた顔…ああ~、びっくり。

「やあ、鳴いていたのは、君?」
『えっとー…はい、私です』

「今日は寒いのに…どうしたの、捨てられたの?」
『いや…捨てられたかどうか、ちょっとわかんにゃいです。そもそも、何でここにいるのかよく分かっていにゃいので…』

「困ったな…そんな小さな体で、一晩ここにいたらどうなる事やら…ねえ、うち来る?」
『うち…とは、どこのことなのでしょう?』

「ん?大丈夫。おいで?」

スッと差し出された大きな手。
ふんふんと匂いを嗅ぐ。何かいい匂いがするけど、大丈夫なのかな…。
その途端、首の後ろをつかまれた。

『うにゃっ!何すんのよ!!』

「あ、いてっ、暴れない!じっとして。」
『じっとしてじゃないでしょー!!触るなら触るって言ってよね!!』

でも、絶妙な加減で抱っこされた手の中。やたらと大きな手は温かくて、さっきまで寒かったのが噓みたいだった。

『う…動けない…』

その後、温かい手のひらに夢心地で包まれたまま、運ばれたのは、全く記憶にないお部屋だった。






とにかくこの蓮というお兄さんは、いろんなお世話をしてくれた。
お母さんの顔も覚えてないけど、どこに住んでたかも覚えてないけど、蓮の声と顔はすぐに覚えた。
蓮の作る御飯は美味しそうな匂いがして、嬉しかった。
その後なぜだかゆらゆらとした液体に入れられて、怖かったけど、それも温かくて気持ちよくて、それに入ると体を走り回る痒いのがいなくなるのが気持ちよかった。でも、その後の風の音は不気味で恐ろしくて縮み上がってしまった。やっぱりこれは今でも慣れない。

お腹いっぱいになって、撫でられると気持ちよくなって、眠くなる。
蓮の抱っこは温かくて気持ちいい。蓮の頬ずりは…時々、時間が長すぎて、足でけっちゃう。

『ありがと…蓮、好きよ?』

そう言ったら、蓮はニコニコと笑う。
撫でてくれるけど、でもちゃんと伝わってない気がする。

蓮はいつもどこかへ出かける。その間、私は一人でこの部屋にいる。
寂しいけど、ここには遊ぶものがいっぱいある。
ご飯もいつでも食べられる。好きなときに眠って、好きな時に遊んで…でも、蓮がいない。
いつも側にいて欲しいのに、いない。
時々、お掃除に来てくれる人がいるけど、私はタワーの上から眺めるだけ。だって、大きい犬がどらいあと同じ音を立てて、動くんだもん。怖いんだもん。

だから私は、蓮を待つ。
キョコ、いい子で待ってたよって言いたくて、蓮を待つ。

いつだったか、ずっと玄関で待ってたのに、一晩中帰ってこなかった。
腹は立つし、寂しいし…でも、平気な顔して「怒ってるの?」なんて、蓮は言う。

『私は寂しかったの!!蓮と一緒に眠りたかったの!!』

やっぱり伝わらない。
ある日、リビングのテーブルの上を歩いていたら、おもちゃを踏んだ。
その瞬間、蓮の声が聞こえてびっくりした。

『蓮!?どこ?』

見回すと、黒い大きな箱のなかで蓮が笑ってる。
時々、蓮はこれを夜に見てる。いつだったか、どうして蓮が二人もいるのか不思議に思ったこともあった。

『ふわ~~~、吃驚したあ、黒い箱から聞こえる声だ。』

黒い大きな箱の名前はテレビというらしく、その中にはたくさんの人間が住んでいる。
ぽちっと押すと、人がすぐに変わる。
赤いのを押すと、現れたり、消えたりする。これは面白い。
でも時々間違えて押すと、煩いくらいに大きな音も出る箱。
箱の中には蓮がいる。けど、箱の中の蓮は私に笑ってくれない。撫でてもくれない。

『蓮ーーー!!キョコはここだよ!!蓮ってばーーー!!』

叫んでも、振り向いてもくれないなんて、テレビの箱の中にいる時の蓮は意地悪だ。

蓮に好きだよって伝えたくて、蓮といて幸せだよって伝えたくて、一生懸命言葉を覚えた。

ある日の夜、お月様がまん丸な夜に一人でいたら。お月様が笑った。

“ねえ、キョコ…いいこと、教えてあげようか?”

お月様のいいこと…私は、正直信じてなかった。
お月様が後ろを向いている間だけ、願いを叶えてあげるよなんて。

蓮が好きだよ…蓮と一緒にいたいよ…

でも、本当にいつのまにか手が伸びて、いつのまにか、尻尾がなくなって…口からは、蓮の使う言葉が出てきて…一緒にお風呂に入って。
凄く、凄くうれしい出来事。

ねえ、お月様…もう出てこなくていいからね?振り向いちゃだめだからね?
私は、蓮と一緒にいたいの。
猫のキョコもいいけれど、蓮とちゃんとしたキスがしたいの。
テレビの黒い箱で見たみたいな、人間のキスがしたいの。

蓮…

蓮…大好き。

凄く大好き。

テレビの中の蓮は、こんな事を言ってキスしてたね。

“愛してるよ…”

ああ、いつか蓮に言ってみたいな…





~願望 END ~




可愛い…猫にこんな風に思われたい♪
関連記事
スポンサーサイト



Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
お付き合いある「ス/☆ビ」二/次サイト様、マスター様のリンクをいただいています。リンクをご希望の場合、お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りいたします。

Attention!
The all of this are NOT related with the Author and/or the Publisher. Not allowed to permit from all illegal actions by the website rules. No reproduction and/or republication without any written permission from blog author and/or web site owner.
Each blogs has the copyright after publication showing on the web site and each web page by the author.
注意!
この中の全ての物は、原作者及び出版社とは関係ありません。
ウェブサイト会社規約、全ての違法行為を禁止します。著作者の許可なく摸作・転作などの行為を禁じます。
各ウェブサイト又は各ブログ執筆者により書かれた、もしくはデザイナーに描かれたそれらの創作作品は、公共へ配信された時点で著作権は著者が所有しています。 

ようこそ

最新記事

カテゴリ

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様
ぽてとあげたい様
ぽてとは揚げて食べたいな