FC2ブログ

僕らはセピア色の夢を見る6

まどろっこしいなあ~~と自分でも困ってます(汗)
サクサク進みたいところですが、しばしの我慢を。







「文化祭、凄く楽しかったね!」
「うん、俺も初めてだよ、こんな達成感。最上さんは?」
「すっっっっごぉーーーーーーーぉく、やりきった感があります!!」
「だね。」

文化祭の余韻が冷めやらぬ帰り道
ガッツポーズをして楽しそうにキョーコは笑う。
見上げるその嬉しそうな瞳に、蓮はどきりとした。

「敦賀君のおかげ!実行委員に誘ってくれなかったら、ここまでクラスに貢献できなかったし、楽しめなかったと思う。」
「うん、準備も当日も…最上さんが頑張ってくれたから、ここまでしっかりしたものが出来たんだと思うよ。皆も感謝してた。」
「そんなことない!敦賀君の求心力が凄かったんだよ!あとは、モー子さんと石橋君のおかげ!あ、それと勿論!クラスのみんなのおかげ!」
「あははは、ありがとう。素直に受け取っておくよ。」





僕らはセピア色の夢を見る 6





(あ、こうやって素直にお礼を言えばいいんだ…)

さり気なくキョーコの褒め言葉を受け入れる蓮に、キョーコは一つ感心した。
いつも自信がなくて謙遜しすぎてしまうのは、キョーコの悪いくせだ。奏江にもよく注意される。直したい、直したいと思いながらもなかなか直らなくて、あとで落ち込んでしまう。
それに引き換え、蓮の会話が誰とでもスマートなのは普段の様子をみても明らかだ。きっと蓮のこういうところが人から好かれる理由の一つなんだろう。

「カボチャもね、本当に良くできてた。あのスイーツ、もし材料が余ってたら、また作って欲しいくらいだ。」
「ホント!?良かった~~。敦賀君って甘いものとか食べないイメージがあるから、どうかと思ってた。」
「確かにそのイメージは間違ってないね。甘いものはほとんど食べないんだけど、本当に最上さんのスイーツが美味しかったんだよ。凄く上手なんだね、感心した。」
「……う、」

いきなりフリーズしてしまったキョーコに、あれ?と思い、声をかけた。

「…う?」

「………嬉しい…です。頑張ります…

小さな声で、真っ赤になってもごもごしている。
さっきのキラキラした目で見上げられるのもいいが、照れくさそうにもごもごやってるのも、それはそれで可愛い。

「照れなくてもいいのに。」
「んなっ!慣れないから!」
「クスクス…まあ、そうかもしれないけど、そういう最上さんも可愛くていいけど。」
「ちょ、ちょちょちょ…!」
「あ、真っ赤になった。」
「~~~!!!!」

そろそろ風が冷たくなる季節だというのに、やたらと顔が熱い。
キョーコはふんっ!とそっぽを向いて、手のひらで顔を仰いだ。



「ところでさ、最上さんって時々音楽聴いてるみたいだけど、どんなの聴くの?」

何とか平静を保とうとしているところに、蓮は唐突にそう尋ねた。

「え?…ああ、どうってことない曲だよ?普通に流行ってるのとか…」
「そうなんだ?」
「……うん」

キョーコは言葉を濁した。
中学生の頃までは曲の好みは偏っていたのだ。
幼馴染がカバーしている曲とか、バンドで新しく作った曲だというものを好んで聴いていたのは事実だから。
けれど、高校が別になってからは幼馴染の曲をほとんど聴いていない。

「敦賀君はどういうのを聴くの?」
「俺?曲とかはあんまり聴かないかな。だから、最上さんが普段は何聴いてるのか興味があって。」
「え、意外」
「そう?」
「うん。洋楽とか聴いてるかもって勝手に思ってた。でも、そう言われたら確かにそうかも。敦賀君がじっとして耳にイヤホンを当ててるイメージって、ほとんどないよね……」
「だろ?でも一応持ってるし、使ってはいるんだけどね?ほら。」

そう言ってイヤホンを見せておどけて笑う。

「本当だね、でも、そうなると敦賀君が何聴いてるのか、俄然興味が湧いてきたよ。」
「そう?じゃあ、イメージないなりに聞いてみる?」
「え?」
「今朝、これを聞いてたんだ。はい」

そう言って、蓮はイヤホンの先をハンカチでくるりと拭いて差し出した。


「……じゃ、遠慮なく……」

キョーコは差し出された片方のイヤホンを耳にあて、しばらく聞いてぷっと吹き出した。

「何!これ、長文英語のテキスト?」
「正解」

クスクスと蓮は笑う。

「ね?曲とかあんまり聴かないって言っただろう?」
「うん、凄いね。こうやって勉強してたんだ。だから敦賀君の英語の発音、凄く綺麗なんだね。参考にしていい?」
「勿論」

一通り長文を聞きながら、ふんふんと頷いているキョーコを横目で眺めた。

(危ない、危ない……距離、詰めすぎないようにしないと…)

折角クラスメイトから友達に格上げされたばかり
こうやって、一緒に帰ったり気兼ねなく隣を歩く事ができるようになったというのに、あまりキョーコに近づきすぎて、ドン引きされるのだけは避けたい。

手を繋ぐでもない、肩が触れ合うでもない。
イヤホンの二つに分かれたケーブルが互いの耳に同じ音を伝える事ができる距離。

適切な友達の距離って難しいと蓮は思った。
ふとしたキョーコの仕草や声に、今まで感じたことのない心臓の動きを自覚する。

甘いような、疼くような…

蓮は黙ってキョーコ側の手をポケットに入れた。

ポケットにでも入れていないと、迂闊にも何かの拍子に何かを仕出かしてしまいそうだったから。





(続く)
関連記事
スポンサーサイト



Pagetop

トラックバック

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2019-02-09│05:09 |
  • [edit]
Re: 10代の恋
> G○EEN23 様

ゆっくり、ドキドキ満載の10代の恋です。
もうね、急展開となりませんよ。じわじわ、ぼちぼち…
もう!さっさとくっついちゃってぇ~~!!と書いてる本人が焦れてます(笑)
ちょっとずつ進展していく予定です。(一体どこまで続ける気なのか…?)
  • 2019-02-09│07:23 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
蓮くんの純愛
もう、キョコちゃん気遣って、
蓮くんが「近づき過ぎちゃダメ!」
ってなに、こんにゃろうと思うぐらい可愛いですね( *´艸`)

キョコもあやつのせいで、人との付き合い方からお勉強中なようで、
ああもう…可愛すぎる!!(*´ω`)

自分のそんなころを思い出すと、
ずっと我が道で来ていたから、なんか羨ましいですね。
人づきあいが下手ですからね。
そんな事に気付いたのもいい年してからだから、
キョコがちゃんと…蓮くんと手を繋げるといいですね。
  • 2019-02-09│23:32 |
  • 山崎由布子 URL│
  • [edit]
Re: 蓮くんの純愛
> 山崎由布子様

>こんにゃろうと思うぐらい可愛いですね( *´艸`)

可愛いと思って、思ってー♪
めちゃ褒め言葉で嬉しいです、ありがとうございます。
キョコさんに嫌われたくなくて何かを仕出かさないように遠慮するのって、若いわね♪
いくつになっても対人努力ができたらそれでいいと思うのですよ。
失敗も成功も丸ごと自分のものですから、後悔ないように互いの距離を縮めて欲しいなー。何て思いますよ。
  • 2019-02-10│09:39 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]
ほっほっほっ
青春ですな〜〜。

うん、まさに少女漫画の理想世界。

原作蓮くんも、キョコちゃんとこんな風に過ごしたかったでしょうね〜。(笑)

1個のイヤホンを二人でしながら仲良く歩くなんて、はたからみればカレカノにしか見えませんが、キョコちゃんにはまだ「これは友人ならしても良いこと」だと思ってもらっていた方が、彼には良さそう?ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

少しづつ近づいていく二人の距離に、ニヤニヤしちゃいますね。





  • 2019-02-10│20:59 |
  • まじーん URL│
  • [edit]
Re: ほっほっほっ
> まじーん様

理想の少女マンガ設定でーす♪
なんかいろいろと、萌えシチュについて妄想してたら出るわ、でるわ…
だばーっっと、砂を吐いてキュン死しそうです。(でも、現実はそこまで甘くないような…?)

原作蓮君もきっと、こういうふうな甘い設定を楽しんでイチャコラしたいと思います!
  • 2019-02-11│07:48 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
お付き合いある「ス/☆ビ」二/次サイト様、マスター様のリンクをいただいています。リンクをご希望の場合、お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りいたします。

Attention!
The all of this are NOT related with the Author and/or the Publisher. Not allowed to permit from all illegal actions by the website rules. No reproduction and/or republication without any written permission from blog author and/or web site owner.
Each blogs has the copyright after publication showing on the web site and each web page by the author.
注意!
この中の全ての物は、原作者及び出版社とは関係ありません。
ウェブサイト会社規約、全ての違法行為を禁止します。著作者の許可なく摸作・転作などの行為を禁じます。
各ウェブサイト又は各ブログ執筆者により書かれた、もしくはデザイナーに描かれたそれらの創作作品は、公共へ配信された時点で著作権は著者が所有しています。 

ようこそ

最新記事

カテゴリ

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様
ぽてとあげたい様
ぽてとは揚げて食べたいな