FC2ブログ

夏色の後日談 (おまけ)

なんだかなーちょっと、小話的な?
ふと思いついただけですよ。









「高村さん、先日は送っていただいてありがとうございました。」

学食で食事をとっていた女性にそういうと、ゼミの先輩である高村佳奈は、驚いたようにこちらを見上げた。

「え?ああ、いいのに、そんなこと気にしなくて・・・」
「これ、先日立て替えてもらったタクシー代です。遅くなってすみません」

普通の茶封筒にいれたお金を差し出すと、彼女は困ったように手を振った。

「いいって!年下にそんなの払わせられないって!」
「いえ、本当に助かったんで。あと、先輩にタクシー代を奢っていただく理由が見つかりませんから、お返しします。じゃあ、俺はこれで」

何かいいたげな先輩を残して、俺はその場を立ち去った。







『高村さん、先日は送っていただいてありがとうございました。』

彼は何事もなかったように、食事中の私にそういった。
誰に聞かれても疚しい事など微塵もないといった風体で。

『これ、先日立て替えてもらったタクシー代です。遅くなってすみません』

本当は立て替えたわけじゃない。
あわよくば・・・と考えていた私の気持ちを見透かしているのだろうか。何事もなかったのだと強調するでもなく、取り繕うでも、慌てるでもなく、至極当たり前のように交わされる会話。

一緒に帰ったけれど、送っただけ。

本当に、それだけ

事実、そうなのだけれど、先輩面して送っていった事実だけがそこに残る。

『いえ、本当に助かったんで。あと、先輩にタクシー代を奢っていただく理由が見つかりませんから、お返しします。じゃあ、俺はこれで』

帰る手段に困っていた彼を送っていっただけの親切な先輩・・・表面上は確かにその通りで、彼に返す言葉は何もない。




「ねえ、佳奈・・・?」
「わかってる!抜け駆けしようとしたって言うんでしょ?自分でも何であんなことしようとしたのか、わかんないわよ!」

亜里沙に声をかけられて、情けないような気持ちになる。

「違うわよ。あれ・・・あの男は、やめといた方がいいね」

「・・・・・・・・・え?」

「うん、ちょっと格好いいから興味はあったけど、あれ、一筋縄じゃいかないから。リスク大きい」

「・・・亜里沙?」

「うーん、説明しづらいね。ただ、ガツガツしてるだけだったら簡単だけどさ、そうじゃない気がする」
「・・・・・・・・・・・・」
「男の傷は男で癒せって、確かに思うけど・・・あれはやめといた方がいい。逆に抉られそうで怖いよ」
「亜里沙は・・・」

「うん?」

「亜里沙は、敦賀君に興味あったんじゃないの?」
「そりゃあったけどさ、さっき言ったじゃない。ガツガツしてるだけとか、ただの真面目君なら簡単だと思うわよ。けど、彼はなんか違う。キスはさせてもらえても、それ以上は踏み込めないかな。それくらいじゃ揺るがない感じの恋愛してるのか、それとも女に興味がないか・・・彼女がいるから興味ないわけじゃ無さそうだけどね。簡単に落ちてくれるタマじゃなさそうね」
「キスは・・・」
「させてもくれなかった。ムカつく!」

普通の若いだけの男なら、興味は湧かない。
けれど、3つ年下でもいいかと思うくらい敦賀君はずば抜けていた。
でも、別の意味でもずば抜けていそうなのは、よく分かった。

「あ~、ああいう男、落とせる女、見て見たいわ」
「見たけど、普通の子だったよ?」
「ホント?やあねえ、いい女二人も袖にしといて、どういうことかしら?自棄酒でも行く?」
「え~、しばらくお酒はやめとく。男も当分いいわ」
「まあ、それがいいかもね~」



こうして、私たちの愚かな企てはあっさりと幕が引かれたのだった。





(END)





さり気なくフェードアウト。
こういう男って、格好いいと思う。
女性に口説かれた事を悟らせない男・・・若いと無理だろうな。
願望はいりまくりですわ。

関連記事
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

そうかそうか
「タクシー代を頂くこともシていませんから」的な(きついかな?)

まあ蓮くんはキョコ一筋ですのでね、目の前にニンジンがあっても、本気に好きなものでなくては手は出さない。あと腐れなく【タクシー代】ありがとうございました。
蓮くんはすでに高校生の頃から出来上がっておりましたので、そう簡単には無理でしょうね、お姉さん。
  • 2019-06-21│20:45 |
  • 山崎由布子 URL│
  • [edit]
Re: そうかそうか
> 山崎由布子 様

あははは!ご指摘のとおりです。

「タクシー代を頂くこともシていませんから」的でんがな!

スるような関係になったら、人前でお金の清算なんてしませんもんね。(私はそう思っている)
おまけに人前で、送ってくださってありがとうなんて、言う訳ない。
何もやましいことなんかないからできるんです!って言うスタンスかな。
もしくは、下心あったの?そんなん気付いてませんよ~~?って言うか、興味ありませんから!
って小悪魔な・・・ある意味性悪です。
無邪気を装うって、罪ですよね・・・
  • 2019-06-22│10:07 |
  • かばぷー URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

かばぷー

Author:かばぷー
ス/☆ビ大好き!
脳内妄想☆大暴走中
思いついた言葉を書き連ね
作品置き場にしています。

☆当サイトはリンクフリーではありません☆
お付き合いある「ス/☆ビ」二/次サイト様、マスター様のリンクをいただいています。リンクをご希望の場合、お手数ですがリンクを貼られる前に必ずご一報ください。尚、原作者様の作品画像やアニメ画像を無断掲載をされているサイト様からのリンク、多くのサイトを無断で紹介されているサイトは固くお断りいたします。

Attention!
The all of this are NOT related with the Author and/or the Publisher. Not allowed to permit from all illegal actions by the website rules. No reproduction and/or republication without any written permission from blog author and/or web site owner.
Each blogs has the copyright after publication showing on the web site and each web page by the author.
注意!
この中の全ての物は、原作者及び出版社とは関係ありません。
ウェブサイト会社規約、全ての違法行為を禁止します。著作者の許可なく摸作・転作などの行為を禁じます。
各ウェブサイト又は各ブログ執筆者により書かれた、もしくはデザイナーに描かれたそれらの創作作品は、公共へ配信された時点で著作権は著者が所有しています。 

ようこそ

最新記事

カテゴリ

リンクご案内

ちょび様
陽のうらうらと
ピコ様
sei様 風月様
popipi様
ちなぞ様 ぞうはな様
ぽてとあげたい様
ぽてとは揚げて食べたいな